箱庭外交戦略 核ミサイル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

威力:着弾地点→海
    周囲1HEX→浅瀬
    周囲2HEX→荒地
    防衛施設→着弾地点からの距離と同じ被害
    戦車→着弾地点からの距離と同じ被害

本箱庭における最強最悪の兵器。
着弾点を水没させ海とし、周囲1HEXは水没させ浅瀬とし、周囲2HEXは荒地とする。
着弾すれば相手国の被害は尋常なものではなく、戦争においてとても優勢に立てるが、その兵器の恐ろしさゆえ、多用する国は少なく、一切使わない国もいて、戦争における最終手段として各国も暗黙の了解を得ている。
また天文学的とまではいかないものの、単発が破格の5000億という値段で、政策が貯蓄或いは軍事でも5発しか撃てず、撃てば自国の財政は困難になり、戦争の継続は難しくなるため、核ミサイルの使うタイミングも難しい。
また近年は防衛施設によって迎撃されて空中爆発するケースが多く、あまり使用されなくなってきているのが現状。