箱庭外交戦略 過剰成長国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 過剰成長国とは、箱庭外交戦略開始当初に秩序を守るために管理人権限により急速に成長した国家を指す。統一朝鮮人民共和国、大ドイツ第三帝國、大台湾帝国の三国が過剰成長国に選ばれていた。