箱庭外交戦略 スウェーデン=ノルウェー二重王国

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スウェーデン=ノルウェー二重王国

スウェーデン=ノルウェー二重王国(スウェーデン=ノルウェーにじゅうおうこく) は、スウェーデン、ノルウェー両王国による同君連合により成立した。

国家概要

正式名称 スウェーデン=ノルウェー二重王国
国旗
国歌 七つの海に轟かん、我がノルマン
国家元首 ルイーゼ・ハイド=ヴィルヘルミナ1世女王陛下
国土面積 83万平方km
総人口 7700万人
法定首都 ストックホルム市
首都人口 300万人
国体 立憲君主制/スウェーデン=ノルウェーの同君連合
基本通貨単位 スウェーデン・クローナ(SEK)

正式名称

スウェーデン=ノルウェー二重王国(英:The united kingdom of Sverige and Noreg)
スカンディナヴィア半島に君臨するスウェーデン=ノルウェーの同君連合。
女王陛下の意思の下、急進的に国内政策を推し進め、殖産興業と富国強兵を掲げている。
各国の王室との友誼を交わし、国際社会に於ける地歩を固めようとする王室外交を展開しており、ガストラ、イギリス、デンマーク、南サハラ、千帝、佐渡等と相次いで国交開設。

国家体制

立憲君主制/スウェーデン=ノルウェーの同君連合
同君連合を結成したスウェーデン=ノルウェーに同一君主が君臨し、統治している。
立憲君主制に基づき、議会を開設しており、君主の権力は憲法によって制限されている。
憲法は司法・立法・行政の三権分立を規定しており、司法権の独立によって国王の介入は禁止されている。

君主

ルイーゼ・ハイド=ヴィルヘルミナ1世女王
16歳でご即位。急進的な国内政策を断行し、殖産興業と富国強兵による強大国家を目指す。

内閣閣僚一覧

ベルゲン・ウッド=ホイットニー首相
シートン・ウォルダー国防相
カナヴェラル・ジャンビーノ財務相
レイフィアル・ジョン・マクシム外務相
ヴィリアム・ロック・ディズレイリー法務相
スチュアート・メアリー国土交通相
ジョン・マカヴェラル文部相
ジャック・ウォーリン逓信相
シャルル・ド・フェリス環境相
セレネ・ヴァレンテニアン国家公安庁長官

王国議会

二重王国立法の最高機関。二院制の議会で、王国貴族の議員により構成される貴族院(議席数250)と庶民の議員で構成される庶民院(議席数300)の二つで王国議会は構成される。庶民院の権限は貴族院に優越しており、貴族院の否決を以ても、庶民院の再可決によって議案は成立し、国王の承認によって公布される。

与党
スウェーデン=ノルウェー立憲王党(議席数:貴族院180/庶民院175)

野党
スウェーデン=ノルウェー立憲共和党(議席数:貴族院100/庶民院75)
スカンディナヴィア労働党(議席数:貴族院20/庶民院50)