箱庭外交戦略 アフガニスタン民主共和国

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アフガニスタン民主共和国は、アフガニスタンに存在する人民民主主義国家。
建国以来社会主義陣営に参加するなど中国の影響が強く、近年、中国の文化大革命の余波により第二革命と称して一層社会主義化が進んでいる。

政治体制

国家元首である共和国主席は象徴的なポストであり実際の権力は無い。
人民民主党書記長は首相、諸政党による翼賛的組織「民主救国戦線」議長なども務めるアフガニスタンの最高権力者である。

国防

アフガン国防軍は数はともかく装備や士気の面で精強とは言いがたい。軍の発言力はもともと高くないが、上層部では人民民主党内部の権力抗争を引きずって分裂の傾向があり、さらに低下している。このような現状には、国防軍内部でも不満の声があがっているようだ。

情報・保安機関

国家情報局と国家保安局はまだ組織も若いが、諸外国の類似機関を参考にしてその規模を拡大しつつある。