箱庭外交戦略 新生メキシコ統一連合共和国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新生メキシコ統一連邦

本国領土:メキシコ全土、カリフォルニア、アリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、ネバダ
海外領土:なし
人口:131,711,580人
面積:3,988,562km²
人口密度:33人/km²
元首:最高評議長(公選制で、任期は6年。再選は二回まで。)現在の最高評議長はベニート・パブロ・フアレス・ガルシア(初代)
通貨単位:メキシコドル(M$)
議会:連邦議会(両院制、下院500議席、上院128議席。下院には解散がある。)


最高評議長

 現在の最高評議長は初代のベニート・パブロ・フアレス・ガルシア。神聖ベルリン条約機構加盟時に神聖ノイ・ゲルマニア連合帝国名誉子爵の爵位を授かっている。

 評議長の権限は絶大で、憲法は三権分立を規定するが、事実上、立法府も司法府も大評議会の統制下にある。また、軍部は最高評議長の直属で、シビリアンコントロールが制度的に確立している。

 最高評議長は、委員長、行政各省の大臣、連邦管区の首相(評議会の信任が必要)を任命する。ただし、司法大臣のみは、上院の承認が必要である。各委員長は最高評議長に対し責任を負うのみで、議会や国民に対して責任は負わない。最高評議長が死亡などで欠ける場合は、評議会が暫定評議長を選出する。


政治

中央

中央省庁は、評議長が各委員会の委員長、各省庁の大臣、長官を任命する。ただし、司法大臣については上院の承認を必要とする。

中央官庁
総務委員会 
 ├統計局 
 ├警察省 
 └消防省  
司法省
外交通商委員会
 ├外務省   
  └大使館、公使館、領事館
 └貿易省 
  └税関
環境委員会
 ├森林庁 
 └国立公園管理局 
経済産業委員会
 ├商務省 
 ├工業省 
 └公正取引監視局
財務委員会
 └国税庁
厚生労働委員会
 ├国民衛生省 
  └保健所
 └労働監督署
国土交通委員会
 ├国土開発省 
 ├運輸交通省
 └国営鉄道(MR)
農林水産委員会
 ├農林省 
 └漁業省
文部科学委員会
 ├文化教育省
  ├中央教育審議会 
   └教育委員会
  └文化庁
 ├科学技術省
  ├宇宙・惑星観測所 
  ├人工衛星管理局
  ├国立科学博物館
  └科学技術研究所

地方

地方では、最高評議会信任のもと任命された管区首相のもと、連邦管区が行政を行い、そのもとに州が存在する。
また、首都と、アグアスカリエンテスは連邦政府直轄地(連邦区)で、直轄市長は、最高評議長が指名、任命する。

【連邦政府直轄地の詳細】
連邦政府直轄地の略称は連邦区とする。直轄市長は最高評議長が指名、任命する。

[メキシコシティ]
直轄市長:ラサロ・カルデナス

[アグアスカリエンテス]
直轄市長:フェリペ・ゴンザレス

【連邦管区の詳細】
連邦管区の略称は管区とする。管区首相は、最高評議長が指名し、最高評議会の了承のもと任命される。

[カリフォルニア管区]
行政府所在地:ラパス
区域:ハバ・カリフォルニア州、ハバ・カリフォルニア・スル州、シナロア州、ソノラ州
管区首相:ヘスス・アルベルト・アギラール・パデイジャ

[チワワ管区]
行政府所在地:チワワ
区域:チワワ州、コアウィラ州、ドゥランゴ州
管区首相:エンリケ・マルティネス

[シエラ・マドレス管区]
行政府所在地:モンテレー
区域:ヌエボ・レオン州、サン・ルイス・ポトシ州、タマウリパス州
管区首相:ユーヘニオ・エルナンデス・フローレス

[グアナフアト管区]
行政府所在地:グアダラハラ
区域:サカテカス州、ナヤリット州、ハリスコ州、コリマ州、グアナフアト州
管区首相:フアン・カルロス・ロメロ・ヒクス

[ヴェラクルス管区]
行政府所在地:ヴェラクルス
区域:ヴェラクルス州、イダルゴ州、トゥラスカーラ州、ケレタロ州
管区首相:ミゲル・アレマン・ベラスコ

[オアハカ管区]
行政府所在地:オアハカ
区域:オアハカ州、ゲレーロ州、ミチョアカン州、モレーロス州、プエブラ州、メヒコ州
管区首相:レネ・ヘレス・シスネロス

[ユカタン管区]
行政府所在地:メリダ
区域:ユカタン州、キンタナ・ロー州、カンペチェ州、タバスコ州
管区首相:マヌエル・アンドレド・ディアス

経済

資本主義を採用し、多数の民間企業による活発な経済活動がおこなわれている。

外交

対外的地位
【国際平和維持機構加盟国】

加盟条約
【神聖ベルリン条約機構】【国際領土協定】

軍備

新生メキシコ連邦軍(志願制)は最高評議長直属で、特別所管する役所はない。
総兵力37万(含予備役)
  • 陸軍18万
  • 海軍10万
  • 空軍8万
  • 予備役1万