箱庭外交戦略 歴代皇帝


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歴代皇帝一覧


代      御名 (在位) 血縁・出自・即位前の主な役職・主な功績

初代    アウグストゥス(前27~後14)ユリウス=カエサルの養子
2代目   ティベリウス(14~37)先帝の養子
3代目   カリグラ(37~41)先帝の孫
4代目   クラディウス(41~54)初代皇帝の孫
5代目   ネロ(54~68)暴君,キリスト教迫害 初代皇帝の曾孫

6代目   ガルバ(68~69)ヒスパニア・タラコネンシス総督
7代目   オトー(69)エトルリア系貴族,ネロの親友
8代目   ウィテリウス(69)執政官の息子

9代目   ウェスパシアヌス(69~79)アシアの徴税請負人の息子
10代目  ティトゥス(79~81)先帝の長男
11代目  ドミティアヌス(81~96)先帝の弟

12代目  ネルヴァ(96~98)五賢帝 ナルニア出身執政官
13代目  トラヤヌス(98~117)五賢帝,帝国最大版図 ヒスパニア出身ゲルマニア総督
14代目  ハドリアヌス(117~138)五賢帝,ブリタニアに長城建設 先帝の従兄弟
15代目  アントニヌス=ピウス(138~161)五賢帝 執政官の息子
16代目  マルクス=アウレリウス=アントニヌス(161~180)五賢帝,哲人皇帝 先帝の養子
17代目  コンモドゥス(180~193)暴虐帝 先帝の息子

18代目  ペルティナクス(193)解放奴隷の息子,執政官
19代目  ディディウス=ユリアヌス(193)元老院議員 帝位を競り落として即位

20代目  セプティミウス=セヴェルス(193~211)カルタゴの騎士階級
21代目  カラカラ(211~217)先帝の息子 帝国内全自由民にローマ市民権を与える
22代目  マクリヌス(217~218)ヌミディア出身 近衛軍団長官
23代目  ヘラガバルス(218~222)セプティミウス=セヴェルスの姪の息子
24代目  アレクサンデル=セヴェルス(222~235)先帝の従弟

25代目  マクシミヌス1世(235~238)軍人皇帝 トラキア出身,ゴート人とアラン人の混血
26代目  ゴルディアヌス1世(238)軍人皇帝 騎士階級の出,元老院議員
      共同皇帝ゴルディアヌス2世(238)1世の息子
27代目  プピエヌス(238)軍人皇帝
      共同皇帝ハルビヌス(238)軍人出身 執政官
28代目  ゴルディアヌス3世(238~244)ゴルディアヌス2世の姉妹の息子
29代目  フィリップス=アラブス(244~249)軍人皇帝 ダマスクスのローマ市民の息子
30代目  デキウス(249~251)軍人皇帝 パンノニア出身,ドナウ河地方軍長官
31代目  トレボニアヌス(251~253)元老院階級出身
32代目  ヴァレリアヌス(253~260)元老院階級出身 エデッサの戦いでペルシャ皇帝シャープール1世に敗れる
33代目  ガリエヌス(260~268)先帝の息子
34代目  クラウディウス2世(268~270)出自不明,軍人皇帝 ゴート人に勝利
35代目  クィンティルス(270)軍人皇帝
36代目  アウレリアヌス(270~275)軍人皇帝 騎兵隊総司令官
37代目  タキトゥス(275~276)
38代目  プロブス(276~282)軍人皇帝
39代目  マルクス=アウレリウス=カルス(282~283)近衛軍団長官
40代目  西方皇帝カリヌス(283~285)先帝の息子
      東方皇帝ヌメリアヌス(283~284)先帝の息子
41代目  東方皇帝ディオクレティアヌス(284~305)軍人皇帝,元一兵卒 親衛隊長官 軍人皇帝時代収拾,4分統治

      西方皇帝マクシミアヌス(287~305)軍人出身
      西方副帝コンスタンティウス(293~305)クラウディウス2世の姪の息子
       東方副帝ガレリウス(293~305)牧夫の息子 軍人出身
42代目  西方皇帝コンスタンティウス(305~306)
      西方副帝フラヴィウス=ヴァレリアウス=セヴェルス(305~306)軍人出身
       東方皇帝ガレリウス(305~311)
       東方副帝マクシミアヌス=ダイア(308~309)ガレリウスの甥
43代目  西方皇帝フラヴィウス=ヴァレリアウス=セヴェルス(306~307)
       西方皇帝マクセンティウス(306~312)マクシミアヌスの息子
       東方皇帝マクシミアヌス=ダイア(309~313)
       東方皇帝リキニウス(308~324)軍人出身 ダキア人の農夫の息子

44代目  コンスタンティヌス(307~337)大帝 コンスタンティウスの息子 6皇帝時代収拾,キリスト教公認、コンスタンティノープル遷都
45代目  コンスタンティウス2世(337~361)先帝の息子  東方皇帝
      共同皇帝コンスタンティヌス2世(337~340)先帝の息子 西方皇帝
46代目  ユリアヌス(361~363)背教者 コンスタンティヌスの甥
47代目  ヨヴィアヌス(363~364)軍人出身

48代目  ヴァレンティニアヌス(364~375)将軍の息子
      共同皇帝ヴァレンス(364~378)ヴァレンティニアヌスの弟
49代目  グラティアヌス(375~383)ヴァレンティニアヌスの息子 東方皇帝
      共同皇帝ヴァレンティニアヌス2世(375~392)ヴァレンティニアヌスの息子 西方皇帝

50代目  テオドシウス(379~395)上級将官の息子 最後の東西統一,キリスト教国教化 帝国最後の東西分割

以下、東ローマ帝国(ビザンツ)皇帝
第51代~第55代は“東方皇帝”

51代目  アルカディウス(395~408)先帝の息子
52代目  テオドシウス2世(408~450)先帝の息子
53代目  マルキアヌス(450~457)先帝の義兄

54代目  レオン(457~474)軍人出身 トラキア生まれ
55代目  レオン2世(474)先帝の孫
56代目  ゼノン(474~491)先帝の父 イサウリア人族長 西ローマ帝国滅亡の為、東西統一皇帝
57代目  バシリスクス(475~476)ゼノンの義母の弟
58代目  ゼノン(復位)
59代目  アナスタシウス(491~518)ゼノンの皇后と結婚 枢密院警護長

60代目  ユスティヌス(518~527)貧農出身 将軍
61代目  ユスティニアヌス(527~585)先帝の甥 ローマ法編纂,聖ソフィア聖堂再建,旧ローマ領の大半を回復
62代目  ユスティヌス2世(565~578)先帝の甥
63代目  ティベリウス2世(578~582)先帝の娘婿
64代目  マウリキウス(582~602)先帝の娘婿
65代目  フォカス(602~610)簒奪者 トラキア出身,百人隊隊長

66代目  ヘラクレイオス(610~641)アルメニア人貴族,カルタゴ総督の息子 帝国のギリシャ化
67代目  コンスタンティヌス3世(641)先帝の息子
68代目  ヘラクレイオス2世(641)ヘラクレイオスの息子
69代目  コンスタンス2世(641~668)コンスタンティヌス3世の息子
70代目  コンスタンティヌス4世(668~685)先帝の息子
71代目  ユスティニアヌス2世(685~694)先帝の息子
72代目  レオンティオス(695~698)イサウリア出身 テマ・へラス長官
73代目  ティベリウス3世(698~705)キュビライオタイ長官
74代目  ユスティニアヌス2世(705~711)(復位)

75代目  フィリピコス=バルダネス(711~713)ペルガモン出身貴族の息子
76代目  アナスタシオス2世(713~715)書記局長官
77代目  テオドシウス3世(715~717)ティベリウス3世の息子

78代目  レオン3世(717~741)キリキア出身 テマ・アナトリコン長官 聖像禁止令
79代目  コンスタンティヌス5世(741~775)先帝の息子
80代目  レオン4世(775~780)先帝の息子
81代目  コンスタンティヌス6世(780~797)先帝の息子
82代目  エイレーネ(797~802)ローマ帝国初の女帝 レオン4世の皇后

83代目  ニケフォロス(802~811)帝国衛星国ガッサン王国王家の子孫 税務長官
84代目  スタウラキオス(811)エイレーネ一族の婿
85代目  ミカエル=ランガベー(811~813)先帝の義弟
86代目  レオン5世(813~820)アルメニア系貴族の息子 テマ・アナトリコン長官

87代目  ミカエル2世(820~829)小アジア出身 先帝の親友 近衛部隊長官
88代目  テオフィロス(829~842)先帝の息子
89代目  ミカエル3世(842~867)先帝の息子

90代目  バシレイオス(867~886)アルメニア系農民の息子 寝室管理長官 パウロ派遠征、キプロス奪還
91代目  レオン6世(886~912)先帝の息子
92代目  アレクサンドロス(912~913)先帝の弟
93代目  コンスタンティヌス7世(913~959※920~944は共同皇帝)先帝の甥
94代目  ロマノス=レカペノス(920~944)アルメニア人農民の息子 軍人出身
95代目  ロマノス2世(959~963)コンスタンティヌス7世の息子
96代目  ニケフォロス2世フォカス(963~969)カッパドキア貴族,皇后と結婚 中央軍総司令官
97代目  ヨハネス=ツィミスケス(969~976)先帝の姉妹の息子
98代目  バシレイオス2世(976~1025)ロマノス2世の息子 ブルガリアを滅ぼす ローマ帝国専制政治黄金時代
99代目  コンスタンティヌス8世(1025~1028)先帝の弟 無能,帝国傾きだす
100代目 ロマノス3世アルギュロス(1028~1034)先帝の娘と結婚 元老院議員首都長官
101代目 ミカエル4世(1034~1041)小アジア農民の息子 皇后と結婚
102代目 ミカエル5世(1041~1042)先帝の甥
103代目 コンスタンティヌス9世モノマコス(1042~1055)皇后と結婚 元老院議員
104代目 テオドラ(1055~1056)女帝 皇后の妹
105代目 ミカエル6世ストラティオティコス(1056~1057)先帝の養子 元老院議員
106代目 イサキオス=コムネノス(1057~1059)小アジア貴族

107代目 コンスタンティヌス10世ドゥーカス(1059~1067)元老院議員
108代目 エウドキア=マクレンボリティサ(1067~1068)女帝,先帝の皇后
109代目 ロマノス4世ディオゲネス(1068~1071)先帝と結婚 カッパドキアの将軍 マンジケルトでセルジュークに完敗
110代目 ミカエル7世(1071~1078)コンスタンティヌス10世の息子 南伊領喪失
111代目 ニケフォロス3世ボタネイアテス(1078~1081)先帝の皇后と結婚 テマ・アナトリコン長官

112代目 アレクシオス=コムネノス(1081~1118)イサキオスの甥 将軍
113代目 ヨハネス2世(1118~1143)先帝の息子 帝国建て直し 小アジア領回復,アンティオキアを収める
114代目 マヌエル(1143~1180)先帝の息子 神聖ローマ帝国やセルジュークと対立,財政破綻
115代目 アレクシオス2世(1180~1183)先帝の息子
116代目 アンドロニコス(1183~1185)アレクシオスの孫 国政改革を行うも失敗

117代目 イサキオス2世アンゲロス(1185~1195)アレクシオスの曾孫
118代目 アレクシオス3世(1195~1203)先帝の弟
119代目 イサキオス2世(1203)復位
120代目 アレクシオス4世(1203~1204)先帝の息子
121代目 アレクシオス5世ドゥーカス(1204)
122代目 コンスタンティノス・ラスカリス(1204)

123代目 テオドロス=ラスカリス(1205~1222)先帝の弟
124代目 ヨハネス3世ドゥーカス=ヴァタツェス(1222~1254)先帝の養子 将軍
125代目 テオドロス2世ラスカリス(1254~1258)先帝の息子
126代目 ヨハネス4世(1258~1261)先帝の息子

127代目 ミカエル8世パレオロゴス(1261~1282)アレクシオス3世の曾孫
128代目 アンドロニコス2世(1282~1328)先帝の息子 文化興隆するも帝国の衰退顕著
      共同皇帝 ミカエル9世(1294~1320)先帝の息子
129代目 アンドロニコス3世(1328~1341)先帝の息子
130代目 ヨハネス5世(1341~1391)先帝の息子
131代目 ヨハネス6世カンタクゼノス(1347~1354)名門貴族
      共同皇帝 マタイオス=カンタクゼノス(1353~1357)ヨハネス6世の息子
132代目 アンドロニコス4世パレオロゴス(1376~1379)ヨハネス5世の息子
133代目 ヨハネス5世(1379~1391)復位
134代目 ヨハネス7世(1390)アンドロニコス4世の息子
135代目 マヌエル2世(1391~1425)ヨハネス5世の息子
136代目 ヨハネス8世(1425~1448)先帝の息子
137代目 コンスタンティヌス11世ドラガセス(1448~1453)マヌエル2世の息子

~~この間約30代が“教皇(総主教)”としてコンスタンティノープルに座する。名は歴代皇帝からとって謚られる~~

138代目 コンスタンティヌス13世テオドシウス(2005.10~2007.3)コンスタンティノープル総主教 名門テオドシウス家
139代目 アレクシオス7世ドラガセス(2007.3~2007.9)先帝の娘と結婚
140代目 ヨハネス10世(10841期~)先帝の兄