箱庭外交戦略 神聖ノイ・ゲルマニア連合帝國歴史書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

神聖ノイ・ゲルマニア連合帝國歴史書



【前書き】

この歴史書は大ドイツ第三帝國の成立から神聖ノイ・ゲルマニア連合帝國の祖国奪還,世界帝國建設までを記すものである.

【大ドイツ第三帝國の成立とナチの台等】

共産主義者の反乱によって退位を余儀なくされた皇帝ヴィルヘルムⅠ世は,当時反共を掲げていた極右政党「国家社会主義ドイツ労働者党」通称ナチ党と協力し,ベルリンで武装蜂起を起こした.アドルフ・ヒトラー率いるナチ親衛隊の活躍もあってベルリン蜂起は成功し,共産主義政権は崩壊した.共産主義政権崩壊後,ヴィルヘルムⅠ世を皇帝とし,ヒトラーを大総統とする大ドイツ第三帝國がベルリンにて成立した.暦は帝國暦とし,ドイツ全土に適用させた.



※大ドイツ第三帝國時代国旗
(ナチ党のシンボルマークであるハーケンクロイツが国旗に用いられた程ナチ党は勢力が大きかった.)

第三帝國成立後,ヒトラーは景気回復やニュルンベルク法の制定,国防軍の再編などで存在感を着実に増していったが,一方ヴィルヘルム皇帝はというとヒトラー人気の影に追いやられ,国民の求心力を失いつつあった.ヴィルヘルム皇帝と其の側近は,ヒトラーが新たにドイツの君主として君臨するのではないかと恐れるようになり,次第にヒトラーに対する感情を悪化させていった.ヒトラー側も皇帝の強権に脅威を感じており,あまり良い感情は抱いていなかった.やがて皇帝派と大総統派には確執が生じるようになる.帝國暦7年11/2には皇帝直属騎士団とナチ党親衛隊の銃撃戦まで起きている.
※ヴィルヘルムⅠ世皇帝
※ヒトラー大総統

【国際連合発足と常任理事国就任】

ヒトラーの政策によって大ドイツ第三帝國は繁栄の極みを迎えていた.ドイツ人が世界へ目を向ける余裕が出てきたのである.そこでヒトラーは国際連合発足に伴い,国際平和に貢献し,且つ帝國の世界進出の為に国際連合初代常任理事国に我が帝國が就任する事を決意した.当時の世界では未だに武装勢力やテロリストなどが蔓延っており,それらを駆逐する為に世界は帝國の力を必要としたのである.帝國の強大な力によって世界は一定の安定と平和を手に入れた.
※国連旗

【共産主義者との戦い】

帝國暦15年,東方の朝鮮半島の地にて邪悪な国家である統一朝鮮人民共和国が成立する.邪悪な統一朝鮮政府は,巧みで卑劣な恐喝紛いの行動によって各地で共産主義革命を起こし,世界の共産主義国家の盟主として万国共産総連盟を発足させた.その影響は欧州にまでも波及し,隣国のチェコスロヴァキアでは赤化政権が誕生した.我が帝國は,帝國の安全保障と世界平和の実現の為に国際統一防共連盟を発足させ,その盟主として君臨した.

「極東戦線」
極東の日本列島では東に位置する日本社会主義人民共和国と西に位置する日本国の対立が激しさを増していた.我が帝國は西に位置する日本国と独日安全保障条約を締結し,日本の民主主義を守る為に戦う決断をした.直接的な衝突は国境警備隊同士による小規模な銃撃戦に留まったものの東日本と西日本の間ではまさに世界の冷戦を象徴するような殺伐とした空気が流れていた.


※日本社会主義人民共和国 
※日本国

「チェコスロヴァキア解放戦争」
我が帝國が国際統一防共連盟を発足させた事により,世界は資本主義陣営と共産主義陣営に分かれ冷戦状態に陥った.大きな衝突は無かったものの資本主義陣営国と共産主義陣営国の接する国境地帯では流血事件が相次いだ.そんな世界情勢が緊迫した中,チェコスロヴァキア人民政府が,チェコのズデーテンのドイツ系住民2千人を反乱容疑で虐殺すると言う事件が発生した.我が帝國の神である偉大な皇帝陛下は激怒し,ヒトラー大総統に対してチェコスロヴァキア人民政府の打倒を命じる.同盟国の大日本帝國も参戦し,戦争は一気に終結するように見えた.しかし,当時の共産主義の盟主であるソヴィエト社会主義共和国連邦が,大日本帝國との不可侵条約を破棄し,突如日本軍に対して襲い掛かった.此れによって戦線が後退し,一時膠着状態に陥った.また,ソヴィエト軍の介入が切っ掛けで世界の悪しき共産主義国家がチェコスロヴァキア人民政府に対して資金援助と言う蛮行を行う事態が発生する.我が帝國軍は其れによって苦戦するが,レジスタンスの協力もあってか遂にチェコスロヴァキア全土を制圧することに成功する.其の後はチェコスロヴァキア国民会議によって国民政府が発足し,其の国民政府が我が帝國に対して併合を望み,我が帝國はそれを受け入れ,チェコスロヴァキアは我が帝國の領土となった.