※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM では、自律判定をします

GM エンディングは厳しいかな?

雪宮焔迩 ロイスは4つなんですよね……二倍振りします

椎橋萩 私はいけますが…皆さんが厳しいかな?

小柳生貝夢 私もいけます

椎橋萩 ロイス6(エンジさんのお陰w)で二倍振りで

雪宮焔迩 まぁ、何とか

椎橋萩 12d10-137

<yumedice>hagi-7:12D10-137=(4,5,3,6,1,5,9,3,3,10,9,4)-137=-75

雪宮焔迩 8d10-131

<yumedice>enji-7:8D10-131=(3,10,4,5,8,7,7,8)-131=-79

雪宮焔迩 よし、生還しましたw

椎橋萩 おかえり~

雪宮焔迩 萩もお帰り、とギューしましょうw

椎橋萩 ぎゅ~w

小柳生貝夢 浪速と、「過去の自分」にロイスを結びます。たぶん破片で時間旅行が成功しても過去の自分がうまくやる,という感じ。

GM 他二人は?

小柳生貝夢 ロイスは承認ですか?<GM

GM あぁ、いいよ

小柳生貝夢 6d10-120

<yumedice>kaimu_6:6D10-120=(1,9,1,1,6,10)-120=-92

賤機時乗 じゃあ、自律判定を

小柳生貝夢 予想通り4つじゃ足りなかったw

賤機時乗 5d10-110

<yumedice>Shizu_14:5D10-110=(1,7,8,3,3)-110=-88

賤機時乗 mala,

椎橋萩 おかえり~

賤機時乗 程よく下がった


GM さて、誰のエンディングから始めましょうか?

小柳生貝夢 時間軸的に私かな?

小柳生貝夢 たぶんそろそろタイムマシンの現物を見つけてるはずですが

GM じゃあ

GM PC順に遡っていく?

小柳生貝夢 OKですよ。

賤機時乗 構わない

雪宮焔迩 了解です

椎橋萩 ういっす


GM では、貝夢から。どんなエンディングをお望みですか?

小柳生貝夢 いや、タイムマシンの前にいる。他のキャラが出ないなら破壊する。出るようなら出てから考える。

小柳生貝夢 そんなのでお願いします。

小柳生貝夢 というわけなので他の方の登場は自由!

GM 可能性があるのは賤機だろうけど、どうする?

賤機時乗 放っておこう。持ち運び不可、隠蔽不能なモノである以上仕方が無い。新しいのを造った方が確実。

GM それは言えてるな

GM では、貝夢、君はタイムマシンの前にいる

小柳生貝夢 というか、タイムマシンの設計図って私が忍さんにもらった分のほかにあるのでしょうか?

GM 浪花の頭の中

賤機時乗 浪花の頭の中にある

小柳生貝夢 ああ、そうか。了解です。

小柳生貝夢 では、私はタイムマシンの前にいます。

GM 全高3m、奥行き、幅20mほどの白い箱。

GM その端っこに、パソコンと人工冬眠カプセルみたいな物がある

小柳生貝夢 「…後は、これを壊すだけかな…?」

GM と、そこに一匹の黒猫がやってきます

GM 黒猫「…こいつがタイムマシンかにゃ」

小柳生貝夢 「…もうでてこないのかと思っていたよ(苦笑)」

GM 黒猫「…で、どうするかにゃ?」

小柳生貝夢 「これを壊せば、ひとまずは大丈夫。」

GM 黒猫「しかし、これを壊しても、第二第三のタイムマシンが…なんてにゃ?」

小柳生貝夢 「そんなことは心配してもしょうがないことだよ。だからといってタイムマシンを作ろうとする人を全部殺して回るわけにはいかないからね。」

小柳生貝夢 「ボクがやるのは、今回の顛末をUGNの上層部に教えてあげることだけ、かな。後は彼らの問題だ。」

GM 黒猫「にゃ。まー、後は君たちに任せたよ。どうせ私は一介の視聴者に過ぎないのだからね」

小柳生貝夢 「…もちろん、この街で作ろうとするなら、またボクが阻止する。」

小柳生貝夢 「最後に、ひとつ聞いておきたいな」

GM 黒猫「なんだにゃ?」

小柳生貝夢 「キミは、タイムマシンを使って彼らがどこに行こうとするのか知っていたはずだ。」

小柳生貝夢 「そこに先回りしようとかは考えなかったの?」

GM 黒猫「どういう意味にゃ?」

小柳生貝夢 「いや、こういう話ってさ、たいてい物語としては過去に移動してからやるもんじゃないのかな、って。」

小柳生貝夢 「視聴者としてはそっちの方が盛り上がるだろ?」

小柳生貝夢 「その時代にもたぶんボクはいたと思うし、ね」

GM 黒猫「例えて言うのにゃら、お気に入りの漫画の途中で、作者が『やっぱ、無し』って言って、単行本一冊無かったことにする様な事にゃ」

GM 黒猫「面白いと思うかにゃ?」

小柳生貝夢 「いや、過去へ行っただけでは歴史は変わらないだろ?そこで行動しないとさ。」

小柳生貝夢 「…まあ、いいさ。作者の意図をキャラクターが云々するのもおかしいからね。」

GM 黒猫「何で変わらないにゃ? そいつが過去に移動した分、過去の質量が増えるにゃよ。おもっきり変わってるにゃ」

GM 黒猫「それもそうだにゃー」

小柳生貝夢 「じゃあ、はじめるよ」そういってなんかよくわからないオルクスぱわーで領域を拡大してタイムマシンを壊します

小柳生貝夢 演出としては、倉庫ごと地中に溶けてなくなるような感じで。

GM うぃ

小柳生貝夢 「…終わったよ」

GM 黒猫「…さて、黒猫は黒猫に戻るにゃ。今後、一視聴者として楽しみに見てるにゃよ」

小柳生貝夢 「そういうことをキャラクターに言うもんじゃないよ。意識しちゃうじゃないか」冗談交じりに笑います

GM 黒猫「…にゃー?」

小柳生貝夢 たぶんただの黒猫に戻ったそれを抱き上げます。

小柳生貝夢 「まあ、袖擦りあうも…ってやつかな。何か食べるか?」猫を抱いたまま街中へ消えていきます。

GM タイムマシンは壊れ、高次元生命体も居なくなり

GM 普段の君の日常が戻った

GM ごろごろと喉を鳴らし、嬉しそうに抱かれる黒猫だった

小柳生貝夢 アニマルテイマーとって黒猫飼うかなぁ…w

GM シーンカット、いいかな?

小柳生貝夢 了解です

GM シーンカット


GM 次は賤機で

賤機時乗 ああ

GM 医務室にいる浪花を、って所かな?

賤機時乗 医務室、というよりは、VIP用病室で。

GM うぃさ

賤機時乗 外に忍を待たせて、ベッドの上に転がっている浪花を見下ろしています。

GM 浪花勇吾「…ん…」

賤機時乗 「タイムマシンは破壊された。今回はお前の負けだ、浪花」

GM 浪花勇吾「…そーらしいやなぁ…」

賤機時乗 「諦めるつもりは無いんだろう?」

GM 浪花勇吾「…そうでも、ないんやけどな」

賤機時乗 その言葉を聞いて目を細め、鼻を鳴らす。

賤機時乗 「お前の強固な意志も、女の涙には勝てんか」

GM 浪花勇吾「別にそう言う訳やあらへんねん」

GM 浪花勇吾「…わいも、強がってたけど、結構怖くてな。タイムマシンは完璧やったけど、この世界の摂理がわからへんし、どうしょうもあらへんことや」

GM 浪花勇吾「せやからな、願掛けしとったんや。あんたらに勝つことができたら、きっと成功するっちゅーな」

賤機時乗 「どうせならば、もっと勝算のある願をかけておくべきだったな。……もっとも、それでは願にはならないか」

賤機時乗 「……つまり、断念か」

GM 浪花勇吾「まー、わいが行くのはもうやめたわ」

賤機時乗 「なら、丁度良いな。今、お前の目の前に命知らずのロクデナシが一人転がっている」

GM 浪花勇吾「ま、わいはのらへんけど、つくれゆーなら作るで」

賤機時乗 笑って、背を向ける。

賤機時乗 「ああ。因みに今回のお前の事件は、UGNの裁定待ちだ。しかし、UGNは今立て込んでいてナ。裁定には時間がかかる。とてつもなく長い時間が、な。それこそ大きなオモチャの一つや二つは完成させることが出来るだろう」

賤機時乗 「釈放する訳にもいかないから、お前は暫くこの支部預かりだ。その間、俺のプライベートに付き合ってもらうぞ」

GM 浪花勇吾「しゃーないな。けど、人間関係、もう少しすっきりさせた方がええで」

賤機時乗 「そうだな。俺がろくでなしな分、周囲には良い人間が集まるみたいだ」

賤機時乗 「俺には、良すぎる」

賤機時乗 振り向かずにそう言って、部屋を退出する。

GM 浪花勇吾「男は馬鹿やからなー…叱ってくれる女おらんと、どーしょーもないわ」肩を竦めて

GM 浪花勇吾「なぁ、舞子…」

賤機時乗 そして、外に立っていた忍に目を合わせずに言おう。

賤機時乗 「……聞いていたんだろう? この俺は変わらないし、変えようとも思わない。お前が去りたくなったら、いつでも去れ」

賤機時乗 「去る者は追わない。俺にお前を繋ぎとめるだけの力が無かっただけだからな」

GM 忍「刺します、って言ったら?」にっこりと微笑を浮かべたまま

賤機時乗 「ああ、一度は刺されてもいいな。考えてみれば、俺は今まで刺す側で、これまで刺された事がない」

GM 忍「そのまま殺しちゃっていいんですか?」驚いた様子で

賤機時乗 「俺がお前にとってその程度の存在だっただけだ。俺がいつも好き勝手にやっているのに、他人にそれを認めないのは通らないだろう」

GM 忍「…はぁ」呆れた様子で

GM 忍「こんな男に釣られた私が馬鹿なんですね」と、おもっきりグーで賤機の顔をぶん殴って

賤機時乗 無抵抗でぶん殴られよう。

GM 忍「…さようなら」

GM 背を向けて、立ち去っていきます

賤機時乗 ずるずると立ち上がって。「……どうせなら、刺された方が楽だったかもな」

賤機時乗 つーことで、シーンエンド

GM シーンカット

GM ほんとは、浪花殺した方が復讐になるんだけどねぇ…

GM さすがにそれは忍びなかった。と言うか、嫌だったw

賤機時乗 うむ、これぞロクデナシの見本

賤機時乗 はっはっは(滝汗

雪宮焔迩 自覚はあるんですねw

小柳生貝夢 いつまで支部長でいられるんでしょうねw

GM さすがに痴情のもつれで関係のない奴を殺すのは…w

賤機時乗 さーねー。何時まで居られるんだロー

椎橋萩 でも怒った女性は怖いからなぁw