※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エンディング――天王寺瞬

GM さて、ラストは瞬

GM どうする?

天王寺瞬 ん~…あのあとのこと考えても思いつかなかったんだよなぁ…

天王寺瞬 土曜日のデートで!!w

GM あい

GM どこが良い?

天王寺瞬 ん~…まぁ、普通にネズミーランドとかでもw

GM じゃあ、そのネズミ屋敷に

GM 赤峰舞「少し疲れたね、ちょっとベンチで休まない?」

GM 今日は予定通り、赤峰舞とデートすることになった

天王寺瞬 「うん、そうだね。ジュースでも買ってくるよ(にこり」

GM 赤峰舞「うん、お願い」

天王寺瞬 「はい、ど~ぞ。」(持って来たジュースを渡す

三島香奈 「(ふふふ、結華ちゃんとお出かけ。相庭気に入らないやつだけど今回だけは感謝するはよ。)」

天王寺瞬 「ぶはっ!?」(ジュースを噴出す

三島香奈 「と、あれ、瞬君じゃない。どうしたのこんなところで。」

天王寺瞬 「な、なんでこんな所にかなさんとゆいかさんが???」

三島香奈 「ふふ、友達どおしで買い物に来たに決まってるじゃない。そういうあなたこそどうしたのよ。こんなところで。」

天王寺瞬 「ん、やぁ、まぁ…遊びに着たんですよ…彼女と………」

天王寺瞬 (赤面

三島香奈 「へぇ、噂の彼女来てるんだ。どこにいるの。」周りをきょろきょろ。

天王寺瞬 「んまぁ、そんなのいいじゃないですか!」

天王寺瞬 「んじゃ、そろそろ僕戻りますね」

天王寺瞬 「かなさんも楽しんでください(にこり」

天王寺瞬 「お待たせ~、なんか知り合いに会っちゃいましたよ…(苦笑」>舞

三島香奈 「まぁ、邪魔するような野暮なことはしないわよ。楽しんできなさいね。」」

天城結華 入れ違いのように、アイスクリームを持って戻って来た結華。「わっ、もう融けてるっ……あれ?誰と話していたんですか?」

三島香奈 「うん、瞬君が彼女と一緒に来てたのよ。ほらあそこ。」

天王寺瞬 (遠くからペコリとおじぎ

天城結華 「天王寺先輩が?……あ、こっち見ましたよ。手、振ってみましょうか♪」

天王寺瞬 (ぱたぱた手を振る

三島香奈 「いいわねw」

天城結華 片手のアイスクリームを香奈に渡し、瞬に大きく手を振って見せる。いつもとは雰囲気の違う、楽しげな表情で。

GM 赤峰舞「あれ? あの子は誰なんです?」

天王寺瞬 「んとね、学校の後輩とそのお友達みたいだよ」

GM 赤峰舞「ふーん…可愛いね」

天王寺瞬 「そおか?俺にとっては舞が一番だけどな♪」(にこり

三島香奈 「うわ。良くあんな台詞恥ずかしげもなくいえるわね。さすが瞬君。」

GM 赤峰舞「ん、ありがとう」

天王寺瞬 「んとさ、舞…」(ちょっと真剣な顔になって

GM 赤峰舞「…ん? 何?」

天王寺瞬 「舞は俺と付き合って本当に良かったのかな…?」

天城結華 (「あ……もう、あっち向いちゃいましたね。……私たちも、行きましょ?」)

GM 赤峰舞「…? 何で?」

三島香奈 (「まぁ、さすがに邪魔しちゃ悪いわね。じゃ、邪魔者は退散しましょうか。」)

天王寺瞬 「俺は舞のことをいつも考えてるつもりだし、出来る事ならばずっと一緒にいたい…」

天王寺瞬 「だけど舞は…どう思ってるのかな?な~んてね…(苦笑」

GM 赤峰舞「あ…う、うん…私も…そう、したいな」

天王寺瞬 「俺は舞をずっと信じるよ…だから舞は俺に何があっても俺を信じてほしいんだ……」

GM 赤峰舞「あ…うん、わかった、信じるよ」

天王寺瞬 「てへへ…なんか、ガラじゃなかったな?(笑」

GM 赤峰舞「そ、そんなこと…」と、顔をうつむかせる

GM と、携帯の電話がぷるるるっと鳴る

天王寺瞬 「まぁあんま、気にしなくてもいいや… 病院でも何も無かったんでしょ?今日はたのしも♪」

天王寺瞬 「っと、誰だ???」

天王寺瞬 (ぽちっとな

GM 姫上琴音「ちょっと、こっちに来なさい」

天王寺瞬 「はぁ?」(きょろきょろ

GM と、周りを見渡すと、建物の影からくいくいと

天王寺瞬 「あ、舞ちょっとごめんね。ちょい待ってて。」(携帯をかけたまま建物の影の方に行く

天王寺瞬 「なんだよ、こんなところで突然?」(in建物の影

GM 姫上琴音「ちょっと、あんなこと言って、大丈夫なの?」

GM ひそひそと

天王寺瞬 「ん~…まぁ、信じてほしいのもあるし、全部本心だからな。」

天王寺瞬 「自分の気持ちを偽るのは苦手だ…」

GM 姫上琴音「でも、それだけじゃ解決しないわよ? いいの?」

天王寺瞬 「ん~…まぁなるようになれって感じで…?(苦笑」

GM 姫上琴音「…あきれた」

天王寺瞬 「まぁ、もし……ダメだったら慰めてくれ。はっはっは。」

GM 姫上琴音「…好きにしなさい」と、ひらひらと

天王寺瞬 「つかさ…なんでおまえこんな所にまできてるんだ?」

GM 姫上琴音「そんなことはどうでもいいのよ。ほら、彼女が待ってるわよ」

天王寺瞬 「ふむ…まぁ、いいか。 お前もこんな所くるときゃ男の一人でも見つけてこいよな~w んじゃな~☆」(舞のもとにもどる

GM 姫上琴音「…やれやれ」

天王寺瞬 「ごめんね、なんか変な電話が掛かってきててさ…(苦笑」

天王寺瞬 「さぁ、次は何に乗ろうか?」(にこり

天王寺瞬 ってなトコロでいいかもw

GM はいw

GM シーンカット


GM みなさん、お疲れさまでした~

三島香奈 お疲れさまでした。

天王寺瞬 お疲れ様でした~!><

天城結華 はい、お疲れさまでしたっ

矢椚佑 お疲れサマー