MENU





検索





Links


カウンタ

合計: -
今日: -
昨日: -



管理者用

今日のおすすめ


更新履歴

◆ サイトの更新日時
0000-00-00 00:00:00

◆ 各ページごとの履歴
取得中です。

人気のページ

エラー値を表示させない

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

このページでは、関数を使ってエラー値を表示させないようにする方法や、エラー値の代わりに別の文字を表示させたり、エラーが発生した時の書式を設定する方法を解説しています。

エラー値を表示させない

=IF(ISERROR(前の数式),"",前の数式)

では、これには実際にどのような使い道があるでしょうか?

例1

=IF(ISERROR(A1/A2),"",A1/A2)

これは、A1÷A2の計算結果を表示する数式です。もしA1かA2が0でもエラーが発生しないようになっています。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|