mat

MAT ...


Matsubara, Kenji & Nakamura, Junko. 松原健二, 中村純子. 2008. 「指示と命令の言語文化論-命令文の日英語比較-」 『地域総合研究』8: 29–42.

Matsuda, Asako. 2017. "Embedded Imperatives in Control". English Linguistics 33(2): 340-376.

Matsuda, Takami. 2017. "Palmer and Corpus Mysticum in the Canterbury Tales". Studies in Medieval English Language and Literature 32: 1-15.

Matsumoto, Meiko. 2002."Composite Predicates with Have / Take in Chaucer and Malory". Journal of Humanities and Social Sciences of the Graduate School of Okayama University 13: 11-24.

Matsumoto, Meiko. 2007. "The Historical Development of Take/Have a Walk." In 'Of Varying Language and Opposing Creed': New Insights into Late Modern English. Ed. Pérez-Guerra, Javier, Dolores González-Álvarez, Jorge L. Bueno-Alonso and Esperanza Rama-Martínez. Berlin: Peter Lang. pp. 325-340.

Matsumoto, Meiko. 2008. From Simple Verbs to Periphrastic Expressions: The Historical Development of Composite Predicates, Phrasal Verbs, and Related Constructions in English. Peter Lang.

Matsuo, Fumiko, Kohzo Hirose & Mayumi Nishikawa. 松尾文子, 廣瀬浩三, 西川眞由美. 2015. 『英語談話標識辞典-43の基本ディスコース・マーカー-』 東京: 研究社.

Matsuse, Kenji. 松瀬憲司. 2013. 「未来時に「事実性」はあるのか—英語における直説法と接続法—」 『熊本大学教育学部紀要』 62: 91-100.

Matsuse, Kenji. 松瀬憲司. 2014. 「定形か非定形か―英語の命令「文」について―」 『熊本大学教育学部紀要』 63: 73-79.

Matsuse, Kenji. 松瀬憲司. 2015. 「"May the Force Be with You!" ―英語のmay祈願文について―」 『熊本大学教育学部紀要』 64: 77-84.

Matsuse, Kenji. 松瀬憲司. 2016. 「英語史における/k/と/g/の口蓋化について」 『熊本大学教育学部紀要』 65: 65-72.

Matsuse, Kenji. 松瀬憲司. 2017. "'Not or Don't, That Is the Question.': I Hope Not vs. *I Don't Hope So". 『熊本大学教育学部紀要』 66: 83-90.

松下知紀、 Skander Hannachi, 飯田周作、和氣美紀夫. 2010. 「西洋初期印刷本の文字認識プログラムと手稿写本への応用」 『ことばの普遍と変容』専修大学
社会知性開発研究センター /言語・文化研究センター、 Vol. 5: 115-28.

Matsushita, Tomonori & Terasawa, Kengo. 松下知紀, 寺沢憲吾. 2014. 「専修西洋写本 MS 1『ポリクロニコン』と「単語単位」認識プログラム」『人文科学年報』44: 217-238.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。