※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

多国籍プチフェスタin夢の島 第1回実行委員会記録


日 時

2006年5月21日(日)14時~16時

場 所

BumB東京スポーツ文化館 クリエーションスペース

出 席

岩淵、江口、尾熊、加藤、金指、小山、坂巻、杉本、中田、中津留、三橋、両角、山崎(敬称略) 13名
事務局 : 山下、月岡、坪田、竹田

議 題

  • あいさつ <田中副館長>

  • オリエンテーション <進行:山下>
    • BumB東京スポーツ文化館について(資料参照:パンフレット)
    • プチフェスタについて (資料参照:平成18年度異文化交流事業企画書)
    • 自己紹介
    • 実行委員会について
      • 謝礼:1人1回実行委員会出席ごとに1,000円
    • 館内ツアー

  • 実行委員会 <進行:竹田> 

①実行委員会としての目標

『楽しく仲良く異文化の輪をひろげよう!』
  • 参加者も企画する側も楽しめるもの
  • 多文化共生・異文化理解
  • 人とのつながり・輪を大切に⇒いろんな地域の方にきてもらう!他団体への協力依頼!
  • ここでしかできないこと⇒異文化の輪をひろげること
  • 周知の工夫
  • 日本人の親子と外国人の親子が出会える場を
  • 来場者○○○人!(要検討)

②基本的なルール作り

  • 意見を出し合って結論を出す
  • 無駄をなくす(無断遅刻厳禁!事前の連絡!コスト削減!ゴミ削減!)
  • チームワークをとる(1人でかかえない!どんな状況でも続けていける体制を!)

③プログラムの案・意見交換 (とにかく案出し!)

  • 三線(パフォーマンス)
  • お茶(展示・体験)
  • 外国の伝統芸能
  • 韓国舞踊
  • 各国のおどり
  • 楽器(体験)
  • 会場に音楽を流す
  • 竹馬(置いてあるだけで遊べる)
  • コトバのミニ講座(10~15分)
  • 寸劇
  • 民芸品づくり
  • フリマ(出店料をとる)
  • 行政書士orボランティアを呼んで日本の生活で困っていること相談
  • 実行委員がリーダーになって行うゲーム
  • サークル(ダンスなど)の発表
  • 大使館に展示などの場を提供
  • 料理
  • フットサルのリーダーをボランティアで募る
  • 日本文化教室(Q&A方式・参加者同士で)
  • 日本人の親子と外国人の親子がペアになって行うゲームor協力してできること
  • 様々な国の試食会
  • 様々な国の紹介

④今後のスケジュール確認

6月に全体の実行委員会を2回行う。[10日(土)・24日(土)14時~17時]
担当を決めて、担当ごとで詳細をつめていく。

⑤メーリングリストについて

今後の連絡事項確認や意見の場としてメーリングリストを作成する。<作成:江口>

⑥役割分担

  • 実行委員長:山崎  ・副実行委員長:杉本  ・書記:輪番(次回:岩淵)




記録 竹田明子
  

更新履歴

取得中です。