Discworld Noir


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

http://en.wikipedia.org/wiki/Discworld_Noir を当方なりに翻訳したものです。
著作権、転載についての*声明をお読みください。

(ここでは「ディスク・ワールド ノワール」と表記します)

ディスク・ワールド ノワールは、テリー・プラチェットのコメディー・ファンタジー小説ディスク・ワールドに基づいたコンピュータゲームであり、以前のディスク・ワールドのゲーム(Discworld 1,Discworld2)とは異なったノワール・ジャンル(noir genre)のパロディーです。
このゲームは、Perfect Entertainmentによって開発されて、GT Interactiveによって発売されました。1999年に マイクロソフト Windowsと、ソニー プレイステーションのためにリリースされました。
原作者プラチェットはこのストーリーに関する相談を受け、ダイアローグ(劇中のやりとり)のいくつかを書きました; 彼はゲームで「あまりにも多くの干渉」を引き起こすことに定評がありました。 フィルム・ノアール(Film Noir)のパロディーとして、ゲームの主人公 Lewton は頻繁にハードボイルドな独り言、または一人芝居(モノローグ)に従事しています。

このゲームは、プレレンダリングされた背景に対してキャラクタをプレレンダリングする表示を使用する2Dゲームエンジンを利用しています。メインキャラクターである Lewton の歩いているか立っている間の姿にだけ多角形のモデルを使用しています。このゲームはヨーロッパのみでリリースされ、開発チームはもう存在しません。その結果、いくつかの小さいバグがあり、修正されないままでいるため、多くのより古いゲームと同じように、現代のプラットホームで実行させるのに苦労します。

メインキャラクターは、Discworld で1番で、たった一人の私立探偵であり、the Ankh-Morpork City Watch(注:Discworld内の警察権力) の元メンバーであるLewtonです。彼の残忍な殺人の調査で、彼は不吉な陰謀にかかわります。 このゲームのストーリーは特定の小説に基づいた2つ、(その内1つはいくつかの要素を混ぜ合わせたもの)の以前のDiscworld ゲームと異なって完全にオリジナルの創作です。場所はDiscworldで最も大きい都市Ankh-Morporkに設定されます。

このゲームでは Discworld の本に登場しない多くの新しいキャラクターと場所が登場します。
しかしながら、ゲームがAnkh-Morporkに設定されているように、Unseen 大学や、Dysk 劇場や、Pseudopolis Yard、the City Watchや風変わりな発明者 Leonard da Quirmなどのような本からのキャラクターと場所は登場します 。ゲームマニュアルは Discworld 原作者テリー・プラチェットによって書かれたイントロダクションを含んでいます。

ゲームのために作成されたキャラクタのだれも明確に Discworld 小説に取り入れられていません、 Golden Falchion(ゲームにおける主要な陰謀要素)の偽造者である鍛冶の神 Neoldian は "the Last Hero"に現れる無名の鍛冶の神であるかもしれません。



以下略