ドクオは高校一年生のようです11


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

10 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:18:12.07 ID:hLyPS3Wj0

言ってしまった。

信じられない、今、確かにツンが、心の背中を押してくれた……。

('A`)「……」

(;・∀・)「な、何だね、いきなり君は非常識(ry」
川 ゚ -゚)「いいぞ」

( ・∀・)「え?」


川 ゚ -゚)「この前のお詫びだ。ドクオは気にしないと言っていたが……
     やはり、あれは私に非があるしな」


17 名前: ◆ExcednhXC2 [>>9サンクス保存しました] 投稿日:2007/12/28(金) 13:22:00.05 ID:hLyPS3Wj0

('A`)「え、い、いいの?」

川 ゚ -゚)「ああ」

(;・∀・)「え、え、え?」


あれ?
これは、OKということか?

('A`)「じゃ、じゃあ放課後にこの教室で」

川 ゚ -゚)「ああ」


俺は、クーに背を向けて自軍基地へと戻っていく。

その時の俺の顔は、

('∀`)

満面の、笑みだった。


ξ゚⊿゚)ξb「よくやった……流石、我が一番弟子……輝いてるよ、ドクオ」

21 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:25:49.73 ID:hLyPS3Wj0

            ※


(´・ω・`)「さて、前回、ついにあのドクオが動きました。
      クーさんと親密になるべく、ビッチ共と手を組み見事お誘いに成功したドクオ。
      はたして、どうなってしまうのでしょうか?」

( ゚∋゚)「無理に解説しなくていいでごわすよ」

(´・ω・`)「うるさい、出番無し男め」

(#゚∋゚)「ふん! 絶対、後半はワシが主人公なんぞい!」

( ´_ゝ`)「はーい、喧嘩しないしない。そろそろ本編始まるよー」


(´・ω・`)( ゚∋゚)「まってくれ、まだ喋らせ(ry




25 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:27:51.67 ID:hLyPS3Wj0

放課後。


('∀`)bグッ
ξ゚⊿゚)ξbグッ


( ^ω^)「あの二人、何か握手してるお」

( ^Д^) 「出来てんじゃねーの? 空気読んで、ここは帰ろうぜ」

ミセ*゚ー゚)リ(うーん、何かつまんなーい、あたしも恋したーい!)

( ><)「今日は誰かのおうちで勉強するんです!!」

ミセ*゚ー゚)リ「あ、じゃあ私の家なんてどう? ねぇ、ビロード君……」

(;><)「え?え?」




29 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:31:10.91 ID:hLyPS3Wj0

ξ゚⊿゚)ξ「それじゃ、私は帰るけどしっかりやんなよ」

('A`)「オス!!」

ξ゚⊿゚)ξ「それと、報告もちゃんとすること。これ、携帯のアドと番号」

('A`)「オス!!」

ξ゚⊿゚)ξ「報告、楽しみにしてるからね。もし朝帰りなら、連絡は無くておk。
     卒業パーティーの準備してあげっから、頑張りな」

(;A;)「うう、ありがとうございましあ!!」

何ていい奴なんだ。
俺は、今までこんなに愛された事(師弟的な意味で)があっただろうか?



38 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:35:01.98 ID:hLyPS3Wj0

……

(;'A`)「ドキドキだぜ……」

放課後の教室。
俺は、理科室の掃除当番のクーを、じっと待つ。

('A`)(あぁ、どうしよう。緊張してきた)

俺は緊張に耐えられず、師匠(ツン)にメールを送る。

『どうしよう、緊張して何話せばいいのかあwせdrftgtyふうい』

('A`)「あぁ、怖い怖い……」

期待と不安……いや、不安のが大きい。
俺の心拍数は、すでに限界突破状態である。

ピロピローン

('A`)「メールだ」

『へタレ! 覚悟を決めてしゃんとしなさい!』

('A`)「師匠……」


43 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:36:53.80 ID:hLyPS3Wj0

そうだ。
俺は、約束したんだ。

絶対にもう、後ろは見ないと。

('A`)「……」



数十分後。



('A`)「遅いなぁ」

流石にもう掃除も終わってる時間だ。

もしかして……いや、考えるな。
きっと、掃除が長引いてるんだ。

('A`)「……」

しかし、いくらなんでも、長引きすぎじゃないか?


44 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:38:06.31 ID:hLyPS3Wj0

その時、ガラガラと音がして、誰かが入ってきた。

('A`)「あっ! え、え、えっと遅かったね!」

俺は、爽やかさMAXでドアの方に振り返る。


(;´_ゝ`)「え、あ……え?」


('A`)「……」



兄者先生だった。



49 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:39:34.26 ID:hLyPS3Wj0

( ´_ゝ`)「いやー、何だ。俺の事を待っててくれたの?」

('A`)「……」

( ´_ゝ`)「可愛いとこあるじゃなーい♪ 何か悩みとかないか?
       先生、めっちゃ聞くよ。口も堅いよ。誠実だよ? どーんとこい!」

('A`)「じゃあ、一つ頼みが」

( ´_ゝ`)「何だい?」



('A`)「さっさと帰ってください」


そう言う事である。



51 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:41:07.73 ID:hLyPS3Wj0

兄者先生は泣きながら黒板消しを集め、教室を出て行った。
ちょっと悪い事したかな……。
まぁ、タイミング悪いっちゃ悪いし、しゃーない。


('A`)「それにしても遅いな」

ここまで遅いと、もはや忘れられてるんじゃないか、という考えが浮かぶ。


('A`)「いや、そういう考えはダメだ。
    ……よし、理科室にいってみるか」

俺は、一応書置きを残して理科室へと向かった。


54 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:44:29.75 ID:hLyPS3Wj0

廊下を進み、理科室の前で立ち止まる。
電気はついているが、掃除はもうとっくのとうに終わった雰囲気だ。

('A`)「中にいるのかな?」

俺は、理科室のドアを開ける。


( ・∀・)「どうしても断るのかい?」

川 ゚ -゚)「すまない。私には、君がそう発言する意味がよくわからないんだ」

そこには、モララーとクーの姿があった。

(;'A`)(やべっ! またかよ!)

俺は咄嗟に、机の後ろに隠れる。


57 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:47:58.48 ID:hLyPS3Wj0

川 ゚ -゚)「どうして、ドクオとの約束をすっぽかして、君だけと過ごさなければならないんだ?
     その理由をハッキリさせて欲しい」

( ・∀・)「簡単だよ。クー、君を僕だけの物にしたいんだ。
     他の誰にも、渡したくは無い。この意味、わかるだろ?」

川 ゚ -゚)「……わからんな。そもそも、私は物じゃないし、誰かの所有物になるつもりもない」

今度は、距離が近いせいか、言葉がはっきりと聞こえてくる。
俺は、息を潜める。

( ・∀・)「俺じゃ不服か?」

川 ゚ -゚)「……悪いが、考えた事も無い。君は何故、そこまで私を欲する」

( ・∀・)「クーが魅力的だからさ。俺の相手に相応しい。誰もが認めると思うが?」

何言ってるんだ?
こいつ、身勝手すぎだろ……。


63 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:50:41.74 ID:hLyPS3Wj0

( ・∀・)「俺もそろそろガールフレンドの一人も欲しい所だ。
     そうすれば、完璧なんだ。その相手は、クー。全てが完璧な君が相応しい」

川 ゚ -゚)「悪いが、モララー。私はそういう気は全く無い」

( ・∀・)「……どうしても?」

川 ゚ -゚)「ああ」

やばいな。
また家政婦は見たポジションに居る訳で。

ど、どうしよ。

( ・∀・)「しょうがないな」

川 ゚ -゚)「……何をする」

ガタン!!


( ・∀・)「本に書いてあったぞ。強気な女は、こうすれば折れるってね」


70 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:52:42.81 ID:hLyPS3Wj0

川 ゚ -゚)「大声を出すぞ? こんな事がバレたら、君の完璧な経歴に傷がつく」

( ・∀・)「そんな事言えるのか? クー。俺はお前の、醜い過去を知ってるんだ」

川;゚ -゚)「……何の事だ」

( ・∀・)「とぼけても無駄だよ。お前は中学の時に…・・・」

川#゚ -゚)「やめろ!!」

ドン!!

(;'A`)(うおっ!!)

机に衝撃が走る。
どうやら、突き飛ばされたモララーが机にぶつかったらしい。


74 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:56:05.51 ID:hLyPS3Wj0

川#゚ -゚)「ハァハァ……二度と、そんな事は……」

( ・∀・)「言ったらどうする? せっかくこんな田舎に逃げてきたのにねぇ?
     また、君の居場所は無くなる訳だ」

川#゚ -゚)「貴様……見損なったぞ、屑め」

(;・∀・)「ははは。君が悪いんだよ。俺に大人しく服従しないから。
     ばらされたくなきゃ、俺の彼女になれよ。なぁ、おい」

川;゚ -゚)「!!」

ガラガラと、大きな音がする。
クーの口が塞がれたのか、むー、むーという必死な声が、耳に響いた。

('A`)(まずい!!)

俺は咄嗟に、机の下から飛び出した。


87 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:58:54.24 ID:hLyPS3Wj0

(#'A`)「オラァ! クーから離れろ!!」

(;・∀・)「ぐっ!!」

馬乗りになっているモララーを、不意打ちで思い切り蹴飛ばす。

腹を蹴り飛ばされたモララーは、悲鳴をあげながら地面に転がった。

('A`)「クー!!」

川;゚ -゚)「ぷは……ど、ドクオか」

倒れているクーを、起き上がらせる。
よかった、まだ何もされていないみたいだ。

(;・∀・)「ドクオォ……邪魔すんじゃねえ」

(#'A`)「てめぇ、何やってんのかわかってんのか!?」



97 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:01:32.97 ID:hLyPS3Wj0

( ・∀・)「ああ、わかってるさ。俺が、完璧になるための……」

(#'A`)「てめーの完璧事情なんか知るか! そんな勝手な事で、クーを苦しめるんじゃねえ!」

(;・∀・)「何? はっ。お前みたいな凡人に何がわかる?」

(#'A`)「わかんねーよ。わかんねーけど、これだけは、はっきりしてる。
    テメーはクーを苦しめてる!! それだけで、お前を殴るには十分な理由だ!!」

俺は、頭に血が上っていた。
感情に任せて、モララーの顔目掛けて拳を放つ。



108 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:06:01.07 ID:hLyPS3Wj0

しかし、その拳は空を切った。
お返しとばかりに、衝撃が俺の顔面に走る。

('A`)「ぐっ!」

(;・∀・)「はははっ。俺は完璧なんだ。お前みたいなもやしが、俺に勝てるか!!」

今度は、腹に蹴りを入れられた。
俺は後ろに吹っ飛び、机にぶつかる。

( ・∀・)「さあ、クー!! こっちにこい! 俺のものになれ!!」

川;゚ -゚)「くっ、やめ、やめろ……!」

ふざけんな。
物って何だよ……クーは、物じゃねえ……!!

(#'A`)「うああああ!!!」

モララーの膝下にタックルをする。
不意をつかれたのか、モララーはバランスを崩した。

(;・∀・)「う、お!?」

鈍い音が、理科室に響く。

そのまま、モララーは足をすくわれ、机に頭を思い切りぶつけた。


122 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:10:25.10 ID:hLyPS3Wj0

('A`)「はぁ、はぁ……」

( ・∀・)「く、そ……」

モララーが、震えながら、俺を睨みつける。

( ・∀・)「何で、お前、そんなに……」

('A`)「好きだからだ」

俺は、はっきりとそう言った。

川 ゚ -゚)「……ドクオ?」

('A`)「俺は、クーが好きだからだ!」

大声で、誰に言っているのかもわからなかったが、俺は叫んだ。

正直な、気持ちを。

(;・∀・)「おめでたい奴だ……その女は、中学の時に……」

モララーが、何かを呟く。
クーの表情が凍りついた。

( ・∀・)「先公に、レイプ未遂されてんだよ……ヒャハハ。傷物ってことだ
     もったいねぇ……それを差し引いても……ぁ」


130 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:13:09.75 ID:hLyPS3Wj0

そう言うと、モララーは気を失ったのか、そのまま目を閉じた。

('A`)「……」

俺は、何も言えずに、クーの方を見る。

川 - )「……」

重い空気が、流れた。
俺は、そっと口を開く。

('A`)「先生、呼んでくるか。このままじゃまずいしな……」

川 - )「……」

何も言わず、俺は廊下へ出ようとする。

ドアを開こうとした時、腕をつかまれた。

川 ゚ -゚)「軽蔑、しただろう」

('A`)「え?」


138 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:17:32.08 ID:hLyPS3Wj0

川 ゚ -゚)「ドクオは、私の事を好きだと言ってくれたが……今ので、興ざめだろう?」

('A`)「何言ってんだ」

川 - )「はは。何でも完璧にこなす? ……違う。私は演じていただけだ。
     本当は、馬鹿な人間の思惑も見抜けず、甘い言葉に惑わされた、愚かな女なんだ」

('A`)「……」

川 ゚ -゚)「この高校にきたのも、逃げてきたんだ。週刊誌に取り上げられて、ニュースにもなり、
     学校に居場所が無くなったから……だから、学区外のここに、逃げてきたんだ」

川 - )「でも、それも終わりだな……また、ばれてしまった」

クーは、目に涙をためながら、体を震わせている。

俺は、抱きしめたかった。
抱きしめてやりたかった。

けど。

それは、出来ない。
今の彼女にそんな事をして……何になる?

嫌な過去を、思い出すだけじゃないのか?



145 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:20:58.25 ID:hLyPS3Wj0

川 - )「ドクオ。すまないが、君の気持ちにも答えられない。
     私は、怖いんだ。人と近づきすぎて、裏切られるのが」

('A`)「……」

……そりゃ、
信じてた人に酷い事をされたら、誰だってそうなる。

川 - )「だから、私の事は諦めてくれ。
     また、君の時間を奪ってしまう……」

だけど。
そうかもしれない、けど。


('A`)「嫌だ。諦めない」


俺は、はっきりとそういった。




154 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:25:39.75 ID:hLyPS3Wj0

川 ゚ -゚)「……何故だ? 私は、心を閉ざしている。だから、君の気持ちにも答えられない」

クーが、顔をあげる。

('A`)「あぁ。確かに、今は無理かもしれない。だけどさ、諦めてくださいっていわれて、
    はいそうですかって引き下がれるほど、俺の気持ちは小さくないんでね」

川 ゚ -゚)「……」

('A`)「俺は、クーの事がもっと知りたい。クーと、もっと話がしたい。
    そして……やっぱり、好きだから。損得とか、そういう理屈じゃないんだよ」

川 ゚ -゚)「しかし……他にも、もっといい人が」

('A`)「知らねーよそんなの。俺はクーが好きだ。それ以外に何がある?
    こんなシンプルな事もわからんのか、クー」

そして、俺は、笑顔を作り言う。

('∀`)「俺は諦めが悪いんだ。KYだしな。待ってる。
    クーが、俺に振り向いてくれるまで、ずっと待ってる。てかアタックもする。
    身勝手で、しつこい男だとは自覚してる。でも、それが俺の気持ちだから」


169 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:29:28.49 ID:hLyPS3Wj0

俺は、自分の気持ちを全て伝えた。
こんなのは、俺のエゴかもしれない。
一方的に、気持ちを伝えただけの、自己満足かもしれない。

けれど、それが俺の出した答えなんだ。

川 - )「君は……本当に、馬鹿だな」

('A`)「ああ。馬鹿だよ」

川 ゚ -゚)「迷惑をかけるかもしれんぞ?」

('A`)「いいよ」

川 ゚ -゚)「セックスとか、拒否するかもしれないんだぞ?」

('A`)「そんなの関係ねぇ」

川 ゚ -゚)「……ドクオ」

クーは、また涙目になって、俺の方を見る。

……あー、だから、そういう顔されると弱いんだって。

('A`)「ほら、先生呼びにいこうぜ。そこに転がってる奴の後始末をしなきゃな」

川 ゚ -゚)「……ああ!」


180 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:32:30.00 ID:hLyPS3Wj0

俺は、クーの手を繋いで、職員室へと向かった。
先生に、この事を説明(クーがモララーに襲われた事)するのは、凄く大変だったけど。


先生は、ショックを受けてるみたいだったけど、やっぱり大人だ。
しっかりと、対応してくれた。

モララーは、先生に引き取られ、俺達は暗くなる前に帰る事に。

( ´_ゝ`)「おら、送ってってやるぞ二人とも。途中までな」

兄者先生の車に、俺達は乗る。
ちょっと不安だったけどね。

190 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:34:32.90 ID:hLyPS3Wj0

後部座席で、俺とクーは手を繋いだまま、座っている。
窓の外を、景色が凄いスピードで流れていく。

('A`)「大丈夫?」

川 ゚ -゚)「ああ。私は平気だ」

('A`)「……」

クーの手から伝わってくる温もりが、暖かくて、優しくて。
普段ならドキドキして声も出ないはずなのに、何故か気持ちは落ち着いている。



195 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:36:45.34 ID:hLyPS3Wj0

川 ゚ -゚)「星」

('A`)「え?」

川 ゚ -゚)「星が、綺麗だな」

('A`)「……あぁ。そうだな」

俺は、窓の外に浮かぶ星を見つめる。
こんな時、君の方が綺麗だよ、とかクサい台詞が浮かんだけど

やめておこう。

今は、この心地よさを、十分に味わおう。


( ´_ゝ`)(やべーな、道間違えちまったよ。こりゃ遠回りになっちまうな……ふ)


205 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:39:21.33 ID:hLyPS3Wj0

それから。
無言のまま、しかし心地よい時間はあっという間に過ぎ去った。

( ´_ゝ`)「それじゃ、二人とも気をつけてな」

('A`)「はい。ありがとうございました」

川 ゚ -゚)「ありがとうございました」

兄者先生は、親指を立てると、車を発進させた。

残された俺達は、しばらく見つめあい


川 ゚ ー゚)「また、明日」('∀`)


そう言って、それぞれの家へと戻っていった。



208 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:41:51.97 ID:hLyPS3Wj0

――――……


('A`)「……」

家に戻り、ベットに寝転がる。
さっきまでの出来事が、まるで夢のように思えた。

俺は、ツンにメールを打つ。


『色々あったけど、俺、クーに告白した。
 そんで、とりあえず、俺達のペースで付き合うことになった。
 本当にありがとうな、ツン』

('A`)「よし、と」

送信ボタンを押す。

俺は、携帯を置いて、再びベットに寝転がった。

('A`)(眠い……)

俺は目を閉じて、そのまま眠りに入った。


215 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:43:36.78 ID:hLyPS3Wj0

――ツン家――


ξ゚⊿゚)ξ「……」

ξ゚⊿゚)ξ「そっか、うまくいったんだ」

ツンはメールを見て、呟く。

ξ゚⊿゚)ξb「よかったよかった。これも、私のアドバイスのお陰よね!」

一人、部屋の中で親指を立てるツン。

ξ゚⊿゚)ξ「よし、早速おめでとうメールを打たなきゃ!
     あのヘタレ、今ごろ浮かれてそうだしww」





220 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:45:21.43 ID:hLyPS3Wj0

ツンは携帯を持ち、返信メールを作成する。

ξ゚⊿゚)ξ「えーっと」

手馴れた手つきで、ボタンを打ち込む。

ξ゚⊿゚)ξ「ドクオ、やったじゃない……おめで……おめ……」

打つ手が、止まる。

ξ゚⊿゚)ξ「あれ、何でだろ。うまく打てないや」

ξ゚⊿゚)ξ「なんで、こんなに手が震えてるんだろう」

なんで? どうして?

アドバイスした身として、おめでとうっていってあげるべきなのに。


231 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:47:56.78 ID:hLyPS3Wj0

ξ゚⊿゚)ξ「おめで……ドクオ、おめ……」

何で、こんな気持ちなんだろう。
おめでたい事じゃない。
素直に、祝福してあげればいいのに。

どうして、こんな……悲しいんだろう。

ξ;⊿;)ξ「あれ? どうして……なんで私が泣かなきゃいけないのよ!!」

頬を流れる涙が止まらない。
ぬぐっても、ぬぐっても、その涙は流れ続けている。


('A`)

('∀`)

(;'A`)


どうして、今更気付いたんだろう。
どうして、もっと早く気付けなかったんだろう。

……私、あいつの事が、好きだったんだ。


240 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:51:45.81 ID:hLyPS3Wj0

ξ;⊿;)ξ「……」

どうして、素直になれなかったんだろう。
見栄を張っていなければ、もっと違った未来があったのかもしれない。

ξ;ー;)ξ「はは、私らしくないや。まるでドクオみたいねwwwうじうじしてwww」

もう、涙を拭う事もせず、メールを打つ。

『おめでとう! 私のアドバイスのお陰ね!! まったく、予想外の大健闘じゃない。
 もう、アドバイス無しでも大丈夫よね! しっかりやんなさいよb』


送信ボタンを、押した。


250 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:55:07.02 ID:hLyPS3Wj0

終わった。
終わったんだ。

私は、ベットに倒れこむと、枕に顔を埋めた。

ξ;⊿;)ξ「うわーん!! ばかばかばか――!!」

もっと、強くなってやる。
もっと、綺麗になってやる。

そして、あいつを見返してやるんだ。

ξ;⊿;)ξ「どちくしょー!!幸せになってやるー!!覚えとけよー!!」



     その叫びに答えるように、夜空では流れ星が一つ、流れていた。




253 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:56:15.20 ID:hLyPS3Wj0

第……何話だっけコレ。
一応、次が最終話です。というかエピローグ(ry


263 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 14:59:10.04 ID:hLyPS3Wj0

             ※


あれから。

( ´_ゝ`)「はーい、先日やった中間テストをかえしますねー」

「「ぎゃ――!!」」

( ´_ゝ`)「黙れ小僧! 現実から逃げられると思ったか!!」

兄者先生の一言に、教室中からブーイングが巻き起こった。


( ´_ゝ`)「違うもん! 先生のせいじゃないもん!
       先生だって、本当はテストなんかしたくなかったんだもん!!」

( ><)「何か、いっつもあればかりですね!!」

( ^Д^) 「デジャヴだな……」

(´・ω・`)「ここまで僕の台詞無し!」
(;^ω^)「ショボン、何いってるんだお?」


268 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:02:49.57 ID:hLyPS3Wj0

色々な騒動も終わり、俺達は再びいつもの日常へと戻っていた。
モララーは、しばらく謹慎との事らしいが、会社の社長である親父さんが
転校させる、とか騒いでいるらしい。

全く、子も子なら親も完璧主義というか。

ミセ*゚ー゚)リ「ビロードくーん、今度、バスケの試合見にいってもいい~?」

(;><)「え、あ! は、はいなんです」

ミセ*゚ー゚)リ「きゃっ! やったぁ。またお弁当持っていくね♪」

(;^Д^) (おい、またあの地獄を繰り返すつもりか?)
(;><)(この間は、わさび弁当で口から火が出そうになったんです!!)


273 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:05:11.57 ID:hLyPS3Wj0

ミセ*゚ー゚)リ「おい、何喋ってんだコラ」

(;><)「い、いえ!! 何でもないんです!!」

ミセ*゚ー゚)リ「そ♪ じゃあ、楽しみに待っててねw」

( ^ω^)「ビロードざまあwwwww」
(´・ω・`)「もてもてwwwwwふひぃwwww」


ミセ*゚ー゚)リ「殺すぞ」
(´・ω・`)( ^ω^)「すいませんでした」


以前より、仲良しの輪も広がっているようで、何よりだ。
いや、ねぇ? 色々あったけど、雨降れば地固まるというか。


275 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:07:11.99 ID:hLyPS3Wj0

从 ゚∀从「……ケッ」

( ^ω^)「あのー、は、ハインさん?」

从 ゚∀从「あ?」

(;^ω^)「こ、これ昨日のぷ、プリントですお」

从 ゚∀从「ん」


この人は、相変わらず怖い。
まぁ、多少は受け答えできるようにはなったけど、まだまだ仲良くなれる……かな。

ブーン、お前は結構頑張ってると思うよ。うん。


俺?

俺はというと……



276 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:09:03.92 ID:hLyPS3Wj0

川 ゚ -゚)「次は日本史の直しだ」

(;'A`)「え、まだやるんですか」

川 ゚ -゚)「当然だ。さっさとやれ、今すぐやれ、今すぐに」

(;'A`)「俺の休み時間がぁ……」

中間テストの結果が思わしくなかった為、必死で復習をしている次第だ。
まぁ、クーと一緒なら辛くは無い、けど、やっぱちょっとキツイかも。


281 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:10:57.98 ID:hLyPS3Wj0

(´・ω・`)「またやってるよ」

( ^ω^)「まったく、熱々だお(ry」
ξ゚⊿゚)ξ「とう!!」

(;^ω^)「ぎゃわっ!」

ξ#゚⊿゚)ξ「あんたら、今日ショッピングモールにいくわよ!」

(;^ω^)「えぇ!?」
(;´・ω・`)「何をしにいくの?」


ξ#゚⊿゚)ξ「決まってるでしょ! ナンパの為の服を買うのよ、服を!
     夏の準備は6月から! そして、夏といえば祭り! 祭りといえばナンパでしょうが!」


283 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:12:59.00 ID:hLyPS3Wj0

ミセ*゚ー゚)リ「あ、私もいきたいかもー。ねぇ、ビロード君もいくでしょ?」

(;><)「え? 僕はバスケの自主練……」
ミセ*゚ー゚)リ「行くよね?」

(;><)「はい」

(;^Д^) 「あ、俺用事が…・・・」

( ><)「プギャー、チームメイトは、いつでも一心同体なんです!!」

(;^Д^) 「く、くそ。ビロード、もっともらしい事を……!」


287 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:15:39.35 ID:hLyPS3Wj0

(#´_ゝ`)「こらー!! 今、授業中だってこと忘れてんべ!!
       先生、怒る時は怒るよ! ぷんぷん!!」

「「黙れし」」

( ´_ゝ`)「はい。先生もう帰る。もう帰るもん」

(´・ω・`)「先生、ファイト……!」



わいわいと、皆、楽しそうに騒いでいる。

ミセ*゚ー゚)リ
(;><)

もう春も終わり、もうすぐ夏が来るんだ。


(´・ω・`)ノ(;´_ゝ`)

( ^ω^)
ξ#゚⊿゚)ξ

期末テストとか、色々面倒なこともあるけど、それが終われば……




291 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:17:28.07 ID:hLyPS3Wj0

川 ゚ -゚)「もうすぐ、夏休みだな」

('A`)「気が早いよwwでも、沢山遊べるからなー、夏休みは」

川 ゚ -゚)「その前に、期末テストだな」

(;'A`)「うぐ……ま、まぁそれは忘れてくれ」


( ´_ゝ`)「よーし、もう今日は授業終わり!! 帰りのHRだよー!!」

「「おぉー!! ダメ教師万歳!!」

( ´_ゝ`)「俺、減給かな……」



293 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 15:23:12.26 ID:hLyPS3Wj0

まだまだ、高校生活も始まったばかり。
これから、色んな事があるだろうけど、前を向いて歩いていこう。
こいつらと一緒なら、きっと、困難も乗り越えていける。


(´・ω・`)「よし、今日は(ry
( ゚∋゚)「今日はマックでだべるでゴワス!!!」

「「さんせ――――い!!」」

(´・ω・`)「僕の台詞がなーい!!」


('A`)「はははwwwショボンざまぁwwww」
川 ゚ -゚)「ほら、ドクオ。まだ終わってないぞ!!」
(;'A`)「ひぃぃ、サーセン!」


ま、とりあえずは、めでたしめでたしって感じかなwww
それじゃ、今回はこの辺で……


('∀`)ノシ「ばいばい!!」



('A`)ドクオは高校一年生のようです   完