ドクオは高校一年生のようです10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

939 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 12:50:29.98 ID:hLyPS3Wj0

             ※


川 ゚ -゚)「……」

飯も食べ終え、教室に戻る。
俺の視線の先には、本を読んでいるクーの姿が!

('A`)「はぁはぁはぁはぁはぁ」

ミセ*゚ー゚)リ「きめぇ……あ、何でもない」

('A`)「ハァハァハァハァ」

ξ゚⊿゚)ξ「ほら、勇気出していかんかい! 男は度胸、何でもやてみるもんさ!」

('A`)「よ、よし」

誘うんだ。
放課後、一緒に勉強しませんか? と。

いくんだ。
断られたらどうしよう。

いかんいかん、考えるな! 簡単な仕事だ。
ただ、誘えばいいんだ……!



945 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 12:53:11.16 ID:hLyPS3Wj0

('A`)「ご、ごほん。k、く、クー(ry」
( ・∀・)「失礼」

俺の隣を、軽やかにモララーが通過した。

( ・∀・)「クーさん、この問題はこれでいいのかな?」

川 ゚ -゚)「む? ああ、論述か。どれ」

「これはだな……」
「ああ、そういう考えも……」


('A`)「……」

('A`)「おじゃましましたー」


俺はそそくさと、自分の陣地に戻っていく。


(;A;)「のおおおおおお!!!!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「あーあ、へタレが」
ミセ*゚ー゚)リ「モララー君、積極的だねー。これってもしかして……キャー」


949 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 12:56:36.91 ID:hLyPS3Wj0

('∀`)「俺、今日は諦めるよ。明日、また頑張るんだ!」

ξ゚⊿゚)ξ「明日っていうのは、今日を頑張った奴にしかこねーんだよ!
     今のテメーに明日を迎える資格はねえ! 今日、や る ん だ よ ! !」

ドクン……ッ!

俺の心臓に、再び熱い血が流れ始める。


('A`)「お、俺……ごめん、間違ってた。また、先延ばしする所だったよ」

ξ゚⊿゚)ξ「私に謝ってる暇があるなら、さっさと誘いなさい。それが、あんたが今、すべき事でしょう……ッ!」

('A`)「……はい!」

もう一度。

もう一度、俺はやるんだ。
俺は、モララーなんかに負けない。

絶対に、負けない!!


956 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 12:59:06.36 ID:hLyPS3Wj0

――一方、ブーンの席近辺――

(´・ω・`)「何やってんだろうね、彼らは」

(;^ω^)「なんだか、すごい楽しそうだおね」

( ^Д^) 「案外、お似合いなんじゃねーの? ドクオみてーなタイプにはよ」

ミセ*゚ー゚)リ「ちわーっす」

( ><)「あ、ミセリさんなんです!!」

ミセ*゚ー゚)リ「あっちについていけないから、垂れ込みにきましたー」

(´・ω・`)「やあ、このジュースは奢りだから気にしなくていい。
      さてm、今の状況をkwsk聞こうか」



959 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:01:37.09 ID:hLyPS3Wj0

――ドクオ陣地――


('A`)「ごほん……」

川 ゚ -゚)「わかったか?」
( ・∀・)「ああ、ありがとう。そういえばクーさんってさー」


('A`)「ごほんごほんふぇっくしょ――ん!! あぁノートがおっこっちゃったZE!!」



ξ゚⊿゚)ξb(さり気なくノートを落とす……素晴らしい作戦だわ、ブサイク!)



966 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:03:56.37 ID:hLyPS3Wj0

(;・∀・)「き、君、いきなり何(ry」

('A`)「あ、ノートといえばですね~。クー、この間はサンクスでした。ファミリーマート。
    君のお陰で勉強進みまくってるよー」

川 ゚ -゚)「ん、ああ。気にするな」

('A`)「……」

川 ゚ -゚)「……」

( ・∀・)「……」


 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |   次でボケて!!!   |
 |________|
       ||
   ξ゚⊿゚)ξ||
    / づΦ


974 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:06:04.49 ID:hLyPS3Wj0

('A`)「そういえば、隣の兵がアルファベット持ってたってさ」

( ・∀・)「……は?」

('A`)「え-(A)カッコいい……なんてね。ふふ」


川;゚ -゚)

(;・∀・)



ξ゚⊿゚)ξ(あれ? 受けないわね……)



985 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:09:31.25 ID:hLyPS3Wj0

(;'A`)

やばい、やばい、どうすんねん。
ワイのワイバーンが滑りまくりや……。
この状況やばいんとちゃう? なぁ、ツンさんヘルプや。


ξ゚⊿゚)ξbA シュシュバッ


あのサインは……ストレート、直球ということか!

勝負に出るのか、監督……! でも、もしこれが外れたら……!


ξ゚⊿゚)ξ(甲子園なんて、お飾りや。真剣勝負。それが恋愛の醍醐味。
     いつからだろうな……甲子園だけを目指して、勝負の熱さってのを忘れちまったのは……。
     あんたの好きにせい。あんたの渾身のストレート、見せてみいや)




994 名前: ◆ExcednhXC2 [] 投稿日:2007/12/28(金) 13:12:16.63 ID:hLyPS3Wj0

( A )(敬遠したくとも……もう次の球を投げる余力はない)

( A )(家に帰って、風呂に入りてえなぁ……昔は、こんな事いつでも言えたのに、
    最近はうそつきだぜ俺は)


( A )(ツン、ごめんな……甲子園、連れて行けそうにないぜ……)

俺は、口を開こうとする。
その時


ξ゚⊿゚)ξ シンクロ! ('A`)「!?」



ズバーン!!!



('A`)「クー、よかったら放課後、勉強教えてくれない?
    分からない所があるんだ。是非、クーに教えて欲しいんだ」