ドクオは高校一年生のようです7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

706 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 22:48:10.13 ID:Kg+QYcGd0

           ※

五月。
新しい生活が始まってから、一ヶ月が経った。

('A`)「うぃーっす」

( ^ω^)「お、ドクオおはようだおwwww」

(´・ω・`)「相変わらず寝癖がひどいね」

('A`)「顔も悪いねって突っ込んでくれなかった辺りに、ショボンの優しさを感じるよ」

(´・ω・`)「HAHAHA! 友達にそんな酷い事を言うわけないじゃないか! 建前と本音は分けておくべきさ!」


一ヶ月も経つと、クラスの雰囲気もだいぶ柔らかくなってくる。
まぁ、派閥みたいな……仲良しグループが固まるのも、これくらいの時期な訳で。

( ><)「そんなことないんです! ドクオさん、素材はいかしてますよ!!」

( ^Д^) 「ワックスつけろよ、ワックス」

('A`)「そんなキャラじゃねーっての」

俺達は、大体こんなグループでつるんでいた。


710 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 22:51:40.52 ID:Kg+QYcGd0

ξ゚⊿゚)ξ「でさー、あの雑誌に載ってた服まじよくない?」
ミセ*゚ー゚)リ「わかるわかるwww」

こいつらは相変わらず、二人でつるんでる。
俺達に突っかかるのは飽きたのか、嫌がらせは止まった様だ。

そして、

( ゚∋゚)「……」

('A`)「……」

( ゚∋゚)「な、なんでゴワスか? おいどんは携帯を見てるでゴワス!
     決してやる事がなくて寂しさを紛らわす為とか、そういうタイプじゃないでゴワスよ!!」

('A`)「あ、そう」

なんか、輪に入り損ねてしまった人もいるし

( ・∀・)「クーさん、ここの方程式は……」
川 ゚ -゚)「そこはこの公式を利用するんだ」

微妙に恋の香りがする人々も、いる。


714 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 22:55:30.19 ID:Kg+QYcGd0

从 ゚∀从「……」

ξ゚⊿゚)ξ「高岡さんって、何考えてるのかわかんないよねー」
ミセ*゚ー゚)リ「うんうん、金髪だし、ちょっと怖キャラみたいな?」

……見た目で判断しちゃいけないんだけど、確かにちょっと怖い。
漂ってる空気が、アンダーグラウンドな人だ。


( ><)「ドクオさん、どうしたんですか?
      教室を見渡したりして」

('A`)「ん、いや、色んな奴がいるなぁって思って」

(´・ω・`)「そうだね。こうして見ると、まだまだ話したことない人もいるし」

( ^ω^)「皆仲良しになれたら万事休すだおwwww」

(;'A`)「それは使い方が違う!」

ブーンは、やっぱり少し……いや、かなり天然だ。
そういや、こいつ授業の時、起きていたためしが無いのだが、大丈夫なんだろうか。

人の心配してる場合じゃないんだけどね、俺も。



715 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 22:58:57.35 ID:Kg+QYcGd0

( ´_ゝ`)「しゅっしゅっぽっぽしゅっぽっぽー!
       皆さんお待ちかね、兄者先生の到着だよー!!」





( ´_ゝ`)「あれ、何この空白」


(´・ω・`)「ちょっと、空白とか言わないで下さいよ先生」

(;´_ゝ`)「はっ! す、すまん」

何の話をしてるんだ、この二人は。

( ´_ゝ`)「えー、気を取り直して……来週末から中間テストだぞー。
       皆、赤点取るなよ? 今から勉強をしーっかりしておくこと! あー、まじ採点めんどくせぇ」

「「え――――!!」」

テストという言葉に、教室中をブーイングが包んだ。


720 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:02:55.37 ID:Kg+QYcGd0

( ´_ゝ`)「先生のせいじゃないもん! 文部なんとか省が勝手に決めてるんだもん!
       先生だってなぁ、採点なんかしないでVIPでwifiやりてーんだよ!!ばーかばーか!!」

捨て台詞を吐きながら、兄者先生は逃げるように教室を出て行った。

(;'A`)「中間かー、やばいなぁ」

(´・ω・`)「僕は大丈夫だけど……ビロードは?」

(;><)「僕は遅刻が多いから、ちょっとまずいんです!!」

( ^Д^) 「俺も授業なんかまともに聞いてねーぞ」


(;^ω^)「うはwwwwやっべwwwwwどうしよwwwww」

たぶん、こいつが一番やばいと思う。
いっつも寝てる、この人→( ^ω^)ね。


723 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:05:04.63 ID:Kg+QYcGd0

(´・ω・`)「じゃあ、放課後に皆でテスト勉強でもするかー!」

( ^ω^)「おっおwww是非お願いしますお!!!ショボン先生!!」

( ><)「先生! お願いします!!」

( ^Д^) 「助かるぜ、ショボン」

('A`)「右に同じ」

みんなの感謝を受け、ショボンはふるふると体を震わせている。


(´・ω・`)「ついに……ついにこのショボン様の時代が来たのね……!
      生きててよかったマイライフ!!!」




727 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:08:18.79 ID:Kg+QYcGd0

いつもの通常授業が終わる。
やはり、テスト前ということで、総まとめのような授業であった。

しかし、基礎が抜けている奴らにはいささか厳しかったようで。

( ><)「わかんないんです!!」
( ^Д^) 「この関係なんとか詞ってのが意味不明だ」
( ^ω^)「きっと、どこかの市の名前だお。社会なら任せろお!」

ダメだ、こいつ(ブーン)
はやく何とかしないと。


(´・ω・`)「そんなわけで、はじめよっか」

放課後。
掃除が終わった教室で、ショボンの特別授業が始まる。


729 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:10:32.06 ID:Kg+QYcGd0

(´・ω・`)「分からないところがあったら教えるから、どんどん質問していいよ」

( ^ω^)「教科書貸してほしいお」


       ヽ(´・ω・`)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄


(;'A`)( ;^Д^) (;><)「そこからかよ!!!」


( ^ω^)「いやー、何かよだれでべちょべちょになってるんだおww」


732 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:12:50.23 ID:Kg+QYcGd0

結局、ショボンはブーンにつきっきりとなり、

( ><)「ドクオさん、これ教えて欲しいんです!!」

( ^Д^) 「ドクオ、わかんね」

('A`)「あー、これはたぶん……」

一番、成績が凡な俺が、この二人に色々教える事となった。

教えるという作業は、自分で勉強するより二倍は辛い。
二倍は理解していないと、教える事が出来ないという話は本当だったのか。

いや、教えた分だけ、こっちも勉強になるけど、基礎の部分なので何とも言えない。


734 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:16:18.08 ID:Kg+QYcGd0

――――



( ><)「あ、もうこんな時間ですね!!」

窓からは夕日が差し込んでおり、そろそろ下校の時間が近づいているようだ。

( ^Д^) 「腹減ったし、そろそろ帰ろーぜ。続きはまた明日ってことでさ」

(;´・ω・`)「ハァ……ハァ……そ、そうだね。ブーン、どう? 出来そう?」

( ^ω^)「少しだけ出来るようになったお!!ショボンすげぇwwww」

(´・ω・`)「少しだけ……ああ、進歩した、ブーンは進歩したよHAHAHAHA!!!」

('A`)「ブーン、そこら辺にしとこう。ショボンが壊れてる」

( ^ω^)「お? 僕はまだ大丈夫だけど……まぁしゃーないおwww帰るおーww」


737 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:20:05.31 ID:Kg+QYcGd0

俺達は靴に履き替え、外に出る。
部活動はテスト期間なので、休止中だ。

誰も居ないグラウンドは、少しさびしげに見えた。

( ^ω^)「あーあ、テストだるいお」

('A`)「でもさ、テスト終わったら連休があるじゃん」

( ><)「まぁ、僕達は部活ですけどね!!」

五人揃って、校門へと向かう。
何だろう、こういう何でもない時間が、随分と心地よく感じる。

ノスタルチックっていうか……懐古感っていうか。

まだ16歳なのに、そんなモンを感じちまうなんて、俺ってちょっとお爺ちゃん気質あるのかもな。



738 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 23:22:02.25 ID:Kg+QYcGd0

(;'A`)「あ、いけね。ノート忘れちまった」

ふと、教室にノートをおきっぱなしだった事を思い出した。

( ^Д^) 「何やってんだ」

( ^ω^)「おっおwwwドジっ子だおwww」

( ><)「一緒にとりに行きましょうか??」

('A`)「いや、いいよ。先に行ってて。追いつけたら追いつくから」

俺はそう言うと、ダッシュで教室へと向かった。