ドクオは高校一年生のようです2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:46:39.79 ID:Kg+QYcGd0

( ^Д^) 「プギャー。痛いニュース中出身」

低い声でそう言うと、プギャーはまただるそうに席に着いた。

(;´_ゝ`)「え、えーっと、それだけかな?
       ほら、趣味とか、好きな食べ物とか、幼女のすばらしさについて小一時間語るとか」

( ^Д^) 「さっさと次進めろ」

( ´_ゝ`)「はい! えー、じゃあ次の人いってみようかねー! うん!」

兄者先生は、恐ろしく素早いスピードで、次の人へ当てた。

ξ゚⊿゚)ξ「うわーお、かっこよくない?」
ミセ*゚ー゚)リ「うんうん、何か一匹狼って感じでワイルドー。私、アタックしちゃおっかな」

……いや、怖いだろ常考。
やばい、なるべく関わらないようにしよう。


57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:50:04.98 ID:Kg+QYcGd0

(´・ω・`)「ひろゆき中……いや、東中出身ショボンです。ただの人間には興味ありません。この中に(以下略」

そこそこの反応だった。


(´;ω;`)(略された……この日の為にハルヒ100回見て練習したのに!
       許さん、許さんぞ神よぉぉ!!!)


( ゚∋゚)「おいどんは、クックルと(ry あ、アレ(ry
     何で略されるでゴワスか(ry え、ページの関係(ry ちょ、まつでゴワ(ry



61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:51:52.25 ID:Kg+QYcGd0

一応、区切りとしてここまでが第一話、みたいな感じです。
題名とかつけわすれた。次から第二話入りまーす

64 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 13:56:11.30 ID:Kg+QYcGd0

( ´_ゝ`)「んじゃ、気をつけて帰って下さいね。明日から早速授業ですよー」


「アリエネー」
「ゆとりはどうしたんだよー氏ねー」
「だりぃー」

( ´_ゝ`)「先生のせいじゃないもん! 先生だって休みたかったもん!
       でもなんとか省からの圧力でしょうがないんだもん! ぷん! もう知らない!!」

輝く涙を落としながら、兄者先生は走り去っていった。


('A`)「明日から授業か。めんどいな」

(´・ω・`)「そう? 僕は早速勉強が出来て嬉しいけどなぁ」

( ^ω^)「はいはい秀才秀才。ところで、今日はこの後どうするお?」

(´・ω・`)「僕は暇だよ。ドクオは?」

('A`)「俺も特に予定ねーな」

( ^ω^)「じゃあマックいってだべるおwww携帯クーポンうめぇwww」


66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 14:01:17.18 ID:Kg+QYcGd0

            ※


そんな訳で、俺達は駅前のマックにやってきた訳だ。

('A`)「ポテトMと水で」
( ^ω^)「同じく」
(´・ω・`)「えーっと、うーんどうしようかなー。あ! 決めた! 彼らと一緒で」

マック店員「かしこまりましたー(うぜぇwwwww」


俺達は二階の席へ移動し、ポテトを食べながら話す。

('A`)「正直、あの面子の中でうまくやってける自信ねーわ、俺」

(´・ω・`)「確かに、皆強烈だったね」

( ^ω^)「うんうん。わかるわかるーモグモグ」


69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 14:03:08.22 ID:Kg+QYcGd0

('A`)「特にほら、プギャーだっけ? あいつ怖すぎだろ。
    絶対、暴走族とかそこらの類だって」

(´・ω・`)「うーん、確かに見た目そんな感じだしね」

( ^ω^)「うんうん、まじでー? モグモグ」

(#'A`)「てめーは話を聞け!」

(;^ω^)「アー! 僕のポテトがあぁっぁぁ!!」

俺はブーンのポテトを三個ほどいただく。

('A`)「うめぇwww」

( ^ω^)「僕のポテト取らないで欲しいお!!」

('A`)「お前、最近食いすぎだって。また太るぞ?」

( ^ω^)「体質的に大丈夫ですから」

(´・ω・`)「なごみん乙」

('A`)「はいはい、つよきすつよきす」


76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 14:09:02.43 ID:Kg+QYcGd0

( ^ω^)「お返しにドクオのポテトもらうお!」

('A`)「おっと、そうはいかんざき」

ブーンの手が、俺のポテトに伸びる。
しかし、俺は即座にその手を止めてみせた。

( ^ω^)「くれおー!!ポテトくれおー!!」

('A`)「やかましいメタボリック症候群予備軍め!!」

俺はブーンの両手を素早くガードする。
上、下、→、←、ABAB!

('A`)「エネミーコントローラー発動!!」

勢い良く腕を引いた瞬間。
肘に何かが、ぶつかった。

ガシャン!



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 14:09:27.81 ID:Kg+QYcGd0

ξ゚⊿゚)ξ「きゃっ!」

('A`)「へ?」

後ろを振り向く。

ξ#゚⊿゚)ξ「……ちょっと、飲み物こぼれたんですけど」

('A`)「あ」

ξ#゚⊿゚)ξ「あ、また根暗男!!」

そこにいたのは、あの点数女の片割れ、ツンと

ミセ*゚ー゚)リ「どうしたの、ツン?」

確か、ミセリとかいう女子。


84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 14:12:37.11 ID:Kg+QYcGd0

ξ゚⊿゚)ξ「この根暗の肘が当たって、コーラこぼれちゃったんだけどマジ最悪ー」

ミセ*゚ー゚)リ「うわ、マジ? 最悪じゃん」

女子二人組が、俺の方を睨んでくる。
恐ろしい威圧感が、俺に向けられた。

(;'A`)「わ、わりぃ。弁償するよ」

ξ゚⊿゚)ξ「は? 当然じゃん。早く買って来なさいよ。超喉渇いてるんだけど」

('A`)「あ、う、うん」

ミセ*゚ー゚)リ「ほんと、見た目通りKYじゃんww」

キャハハハ、という甲高い笑い声が、耳に響く。
正直……むかつくむかつくむかつくむかつ(ry


92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/12/27(木) 14:16:02.46 ID:Kg+QYcGd0

(;^ω^)「ちょ、ちょっと待つお。ふざけてたのは僕だから、僕が弁償するお!」

ブーンが財布を取り出し、小銭を出す。

('A`)「いや、いいって。直接ぶつかったのは俺だし」

ξ゚⊿゚)ξ「どうでもいいから、早くしてくんない?
     あとさー、禁煙席あいてないから、そこどいてよ」

(#'A`)「は、はぁ?」

意味がわからない。
こいつは、何をいってるんだ?

ξ゚⊿゚)ξ「だーかーら、ジュースこぼした上に、肘ぶつけたんだから、席譲るの当然でしょ?
     私、タバコの煙嫌いだし」

ミセ*゚ー゚)リ「そうそう。よって、ウチらの発言は正当? みたいなー」