※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第1回:コイーバ シグロ1

まず栄えある第1本目は、かの有名なコイーバブランドから、シグロ1です。

(写真)


サイズはトレペティコロナ

英語で言えばVerySmallというところでしょうか。直径15.87mm、長さ102mm。初めて葉巻を手にした人はこれでも「葉巻って大きいな」と思うかも知れません。普通に吸って、時間は30分弱。これも初めての人は「葉巻って時間がかかるのね」と思うかも知れません。


最初こそ大きなものを?

葉巻は一般的な傾向として、太く長くなるほど、味わいがマイルドで複雑になっていきます。いわゆる「いい」葉巻なわけです。大きい方がキツいように見えますが全く逆で、同じブランドであれば、短くて、特に細い葉巻ほど味わいがキツく、単調になります(単調で刺激のあるものから複雑で柔らかいものへというあたりは、安いワインと「いい」ワインの関係に似ていますね)。


太い
単調、刺激がある
吸い込みにくい*
←→ 複雑、柔らかい
吸い込みやすい*
短い
長い
キツい、濃い
マイルド、薄い

*吸い込みについては巻きの堅さの方が支配的

fig.1 一刀両断な分類

そしてまた太いほうが吸い込むのも楽なのです。だから、初めての葉巻こそ、太くて長くて「いい」葉巻を吸うべし、というのはよく言われることです。

ではなぜ第1回が「VerySmall」なのかというのには理由があります。(続く)

次へ

リスト
コイーバ グロ1
パンチ・パンチパンチ


Go Home / What's new? / Smoke? top / Smoke? BBS