|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

プログラミング言語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キーワード

  • プログラミング言語の必要性
  • 構文仕様の記述
    • BNF、文脈自由文法、構文図式、構文木
  • 意味論の記述
    • 操作的意味論、表示的意味論、公理的意味論
    • 部分正当性と停止性
  • プログラミング言語の分類
    • 記述レベル
    • 用途
    • 計算モデル:手続き型、命令型、オブジェクト指向、宣言型、関数型、論理型、制約型
  • 手続き型言語モデル
    • 式の抽象化
    • 制御の抽象化(if, while, switch)
    • サブルーチンの実現(復帰、引数渡し、局所変数、大域脱出、Coroutine)
    • データの抽象化(機械レベル、言語レベル、抽象データ型)
  • オブジェクト指向
    • メモリ管理
    • 継承(単一継承 vs 多重継承、非単調継承)
    • オブジェクト指向の実現
  • 関数型言語
    • チャーチ・ロッサー性、参照透過性
    • 項書き換え系
    • 遅延評価(lazy evaluation)
    • 高階関数、カリー化
    • 多相型(polymorphic type)
    • inpureな関数型言語
  • 論理型言語
    • 命題論理、一階述語論理、Prolog、サザエさん
  • 言語処理系
    • Tダイアグラム
    • 再配置可能形式、リンカとライブラリ、ダイナミックリンケージ
  • 最適化
    • 共通部分式削除、部分計算、サブルーチン展開、ループ展開、演算の代替、命令順序変更、スーパースカラ
    • 制御フロー解析:基本ブロック、strictly dominate、dominance frontier
    • データフロー解析:静的単一代入形式
  • ソフトウェア開発環境
    • 作成支援:言語依存の自動化、言語依存の視点移動・編集範囲指定、言語依存の情報定時
    • コンパイル時の支援:エラー表示、Tracer(ステップ実行、WatchPoint、BreakPoint、逆実行)、Test Coverage Analysis、Program Verifier
    • 性能解析:Profiler