|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

bravery!

8

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誰かに話しかけて組もうとは思ったものの
一人でいる人間は少ない

しかも、明らかにちょっとヤバそうな人だったりと、
とにかく話しかけづらい奴ばかりだ
あわよくば、まともな人と組みたい

駄目で元々、話しかけてみることにした

「あの、すいません」
腕組をしながら壁に寄りかかってる男性に声をかけてみる
「ん?あぁ、チーム?「アレ!?この人と組むんですか!?」
話をさえぎるように、突然少女が話しかけてきた
「は?いや、俺は「良かった!これで人数ばっちりですね!」
「オィ、話「じゃぁ、お互い試験がんばりましょう!それじゃまたー!」

少女は嵐のように走り去っていった
今の会話、状況を把握できない・・・

「・・・仕方ないな、いっしょに試験受けよう」
「ハイ・・・」
やばい、気まずい
「名前は?」
「パレリック=シアロストです」
「イゴール=フリテマーだ よろしく」
「よろしくお願いします」
「・・・ ・・・」

会話が続かない
チラりと顔をうかがう、明らかに不機嫌そうだ
「・・・行こうか」
「ハイ・・・」
スタスタと係り員に歩み寄る
「チームで参加します」
リードするように先に口を開いた
「はい。受験票はお持ちですか?」
受験票を差し出す
「では、あちらのボックスにお入りになってください」
指示に従って小部屋に入る
だいたい二畳くらいだ

そんなことより、
密閉された空間でますます気まずくなってしまった

「・・・まぁ、気楽に行こう」
「ハイ・・・」

俺は、ハイとしか答えられなくなっていた
人一倍人見知りなおかげで、こういう空気を作るのは得意中の得意だ
できれば明るい雰囲気を作りたかったと、自己嫌悪
なんとか、この試験を乗り越えられますように・・・

アナウンスが流れる
『それでは、試験を開始します』

運命のカウントダウンが始まった

『3!』
『2!』
『1!』
『0!』

目の前は白い光に包まれた
眩しくて目を開けることはできない
俺は不安でたまらなかった



一話目end