|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

bravery!

5

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


起きると時計の針は十一時を指していた

窓から差し込む、太陽の光がとても眩しい

「・・・ ・・・」

ティルの姿は無かったが、代わりに置き手紙だけ残されていた
世話になりっぱなしの自分に不甲斐なさを感じたが、
手紙に目を走らせる

「これから色々あるだろうけど、前向きに考えろよ

 お前ならきっと、いい選手になれる
 
 最終試験頑張れ! good luck!!」

「いい奴だな・・・ ・・・ん? 最終試験!?」

最終試験って、今日の十二時・・・まずい
まだ手紙は続いていた

「PS:家から出て西に真っ直ぐ5分 駅が見えるはず
   
   列車に乗れば会場に30分で着く 遅刻するなよ

   あぁ そうそう、必ず誰かと組んでおけよ お前は方向音痴だから」

さすが、気が利く・・・
後のほうは意味がよく分からなかったが、試験の内容と関係があるのだろうか?

身支度を整えて猛ダッシュで駅へ向かう
しかし、彼は寝グセに気づかないでいた

ホームに着くと、丁度列車が来ていたので ギリギリ乗ることが出来た