|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

bravery!

4

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


「あれから・・・何年だ?」
「6年」
「そんなに経つのかぁ」

ティルとは幼馴染で、戦争から身を守るために6年前
家族と他国へ非難して、離れ離れになったが

離れても俺たちは互いに連絡しあった

あれからもう6年、ティルはすっかり大人になった

「レリックは変わってないな、相変わらずあんまし喋んないし」
「・・・そうか?」
「うん。あ、そういや急にどうして来たんだ?」
すっかり本来の目的を忘れていた
「あぁ、ティル、レースに出てるだろ?」
「うん」
「俺も審査に合格して、明日が最終試験だから、これから泊めてもらおうと思って」
「ちょ、ちょい待ち。」
なんだか嫌な予感がした
「俺ね、明日からここ出てくんだけど・・・」
「・・・ ・・・」
「あはは・・・ ・・・どうしよ」
ティルは苦笑いで答えた
嫌な予感的中
驚かしに来たのに、こっちが驚いてしまった
「だから部屋が殺風景だったのか・・・」
「んー、しばらくこの国にいるんだろ?大家さんに頼んで、
 使わせてくれるよう頼んでみる?」
「・・・じゃぁ、頼む。悪いな」
「いいっていいって!」

そのあと昔話とかしたけど、疲れが酷かったのか眠くなって寝てしまった

友人との再会は、たったの数時間だけだった