|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

bravery!

3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゆっくりと重い瞼を開ける
気がつけば見知らぬ部屋のベッドで寝ていた
部屋は殺風景で、ベッドと鏡と、タンスぐらいしか無い

『ガチャッ』

ドアが突然開いて驚いたが
それよりも、現れた人物に目を疑う
「おー!レリック久しぶり!」
・・・友人のティルである

「・・・ ・・・」

短い沈黙のあと、ゆっくり口を開く
「俺 死んだ?」
「あぁ、死んだ」
「・・・ ・・・そっか」

「・・・ ・・・。」

また沈黙

「嘘だよ!まだ生きてるって!」
笑いの混じった声で喋る
(やっぱりティルだ)
冷静になって自らに起きた事を考えてみる
「俺、階段から落ちたんだ・・・」
ティルも喋りだす
「で、そのあと俺が来て、病院に運んで、そのあと俺ン家ってとこ」
ティルは続ける
「お前からの手紙、裏見たら現在地が近かったからすぐ見つけたよ」
「いやぁ、ビックリした。階段下りたらレリックが倒れててさぁ、血流してるしさぁ」

スッと起き上がり、部屋にあった鏡を見る
手当てされた形跡はない
「軽い怪我だったんだ」
「いんや、重傷だった。・・・今度から気をつけろよ」
「うーん・・・傷が無いし、どうなってるんだ?」
「この国では、どんな傷でも怪我でもすぐに治せんのさ」

田舎育ちの彼には、にわかには信じられない言葉だった
ほっとため息をつき
今はただ、友人との再会を素直によろこびたいと思った