|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

bravery!

2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふと彼は 今自分のいる場所に気付く

見渡せば誰もいない

そう思うと、彼は不安になっていった
こういう状況だと彼の場合、あらぬ想像をしてしまうのである

人が突然消えてしまった とか
みんな消されてしまった とか

普段はクールな彼とは想像できないくらい
現実にはありえないことを考えてしまう

強い想像力の代償は『恐怖』なのだ

彼は走り出した
何かから逃げるように

(落ち着け・・・落ち着け・・・)

そう考えている矢先に、思わぬアクシデントが彼を襲う
階段を降り始めたときに彼は一段踏み外してしまったのだ
そして勢いよく転がっていった
叫ぶ暇も無く、彼は頭を強く打ってしまい、そのまま意識を失ってしまった