1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


まだ冷たい風が吹く季節に
小さな大陸の
とある国の
とある場所に一人路頭にさ迷う少年がいた

「ここじゃない・・・か・・・」

何度も読み返しているはずの地図をまた広げて、彼は再び現在地を探す

田舎からこの国へ来るのに5時間
国についてから歩いて3時間

友人を訪ねにはるばる来たものの、彼はとっくに疲れきっていた

『ギブアップ』

脳裏に浮かんだ言葉――

それも仕方ないだろう
この都市はそれほど大きくはないのだが、方向音痴の彼にはあまりにも広すぎた
(あと一枚だが、あれを使うしかなさそうだ・・・・)

鞄からペンと、一枚しか無い冊子を取り出し
書き殴る

「これでよし」
書き終えてサインをすると
みるみるうちに紙は真っ白な鳩になり、大空へ飛び立った

突然の訪問で驚かせてやろうと思っていたが
まさか友人に『迷子になりました』なんて送るハメになるとは
夢にも思わなかった彼である

先ほどの紙は書き終えると、鳩の姿になり相手に届けてくれるという代物で
今ではどこの郵便局でも売っている魔術品

数少ない伝達手段なのだ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。