PA


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PAを楽しもう!

PAって聞くと、裏方で機械を弄る難しい仕事ってイメージがあると思うが、ここは発想の転換をしましょう。
PAとはPublic Addressの略であります。訳すと「公共に対してアナウンスする」という意味です。
PAがいなければライブは成立しません。つまり、PAもバンドメンバーの一員と思って、最高の音を観客に届けるという思いでやれば少しは楽しくやれると思いませんか?あ、思わない・・・・


ミキサー
では、PAについて説明するわけですが、基本的にPAがいじる機械は「ミキサー」という機械です。
マイクや、キーボードを接続する機械といえばわかりやすいでしょうか。
音を入力し、個別に処理し、出力する機械です。
このミキサーにはひとつの入力端子に対し、7つ操作する項目があります。ひとつずつ解説していきましょう。

GAIN
入力信号の大きさを調整するツマミです。まずは12方向(真上)くらい上げておきましょう。
過度にあげるとノイズが入るのでほどほどに。

High
高音を調整するツマミです。

mid
中音を調整するツマミ。
大体の場合、ハイミドル、ローミドルと中音域でも2つの項目に分かれてます。

low
低音を調整するツマミ。

PAN
音を右か左のどちらに配置するかを決めるツマミです。
ボーカル、ベース、キーボード=真ん中
ギター=客側から見た方向
ドラム=客側から見た各ドラム、シンバルの配置してある位置
にツマミを調整するのが一般的です。
全て真ん中に設定すると、全ての音がゴチャゴチャになって聞き取りづらくなります。
この設定はかなりシビアなので、入念に設定しましょう。

AUX
補助機材(モニターアンプ)に送る音量を調整します。
これはバンドメンバーが注文をいれるので大きすぎず、小さすぎない音量を目指しましょう。

フェーダー
今まで設定した音の音量を決めます。大体7~8くらいの目盛りが最適音量になりますので、それでも小さい場合はGAINをあげるか、出演者側の音量を上げてもらいましょう。

パワーアンプ
ミキサーで編集した音はパワーアンプによって増幅されます。左右それぞれの出力量を操作できるので、どちらも12時方向まであげておけば問題ありません。

スピーカー
ここから最終的に音が出るわけです。たまにスピーカーの方にもヴォリュームツマミがある場合があるので、注意しましょう。


配線方法

では、PAの配線を説明していきたいと思います。
基本的に
マイク・キーボード→ミキサー→パワーアンプ→スピーカー
の順番に音の信号が流れます。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。