※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第五章「メディア」


メディア概念の多様性

視点 立場 の相違により生じる、異なるメディアの 捉え方

  • 技術決定論
<John Fisk>
①直接表現メディア
声・表情・身振り
②代行表現メディア
書籍・絵画・写真・著作・建築・室内装飾・ガーデニング
③機械表現メディア
電話・テレビ・ラジオ・テレックス
メディア 」と「 メッセージ 」を明確に区別している。

<ITU>
①知覚メディア
文字・音声・画像・映像
②入出力メディア
キーボード・ディスプレイ・スピーカー
③表現メディア
文字・音声・画像などを電子的に符号化したもの
④相互交換メディア
伝送メディア(通信回線)・蓄積メディア(ディスク)

<McLuhan>
①口頭文化
②書字文化
③活字文化
④電気文化
「メディア」=「メッセージ」であり、二つを 区別 しない。
メディア自身が受信者にとって 意味 を持つ。
媒体論 」とは異なる。

  • 社会決定論
ソシオ・メディア 論。
メディアの 技術決定論 の意義を限定的にしか認めない。
情報技術はメディア変容、 社会変容 を引き起こすが、 情報技術 自体も社会の網の目に組み込まれている。
①メディアは 社会 によって形成される。
②メディアは多次元な 実体性 を帯びて 社会 に存在している

メディア概念の多重性

「メディアの 具体化 の相違により生じる、異なる 視点 立場

  • 器論・導管論
情報が 生成 され、 伝播 する過程を 客観的 に捉えたもの。
情報通信 理論を展開する上で必須。
情報の送信者と受信者を 同等 に位置づける。双方の介在に重点を置いている。

  • 内容論
情報を 受ける側 に立って、 主観的 に捉えたもの。
人間の 思考 判断 への影響について考察する際に必須。
情報を 受ける 側から観察する場合の見方。

まとめ

「人間の思考や判断への影響」を考察するためには、 視点 を完全に の内面に移すことが必要。
「人間生活への影響」を考察するには、 社会 的な視点が必要。