※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四章「リアルとバーチャル」


リアルとバーチャルの特質

  • リアルとバーチャルの同義性
real=「 本当の 現実の
virtual=「 事実上の 実際上の
virtualとrealは 同じような 意味だと考えたほうが、 英文 を理解するうえでは望ましい。
「virtual」とは、事実上は、現実と同じ 効果 があるということ。
また、 物理的な 実体を持たなくても、人間にとってなんらかの 実質的 ないし 社会的 機能を果たすものである。

  • リアルとバーチャルの相違性
real=「 質量あり 実在する
virtual=「 質量なし 実在しない が、実在するものと同じ 機能 を持つ」

  • リアルとバーチャルの相互接近による相対性
現実と非現実の 区別 がつかない事態が発生する可能性あり。
バーチャルによる経験は、 時間 費用 スペース の問題を解決してくれる。

「仮想世界の現実性」と「現実世界の仮想性」

  • 仮想世界の現実性
・バーチャルリアリティの2つの技術的可能性
①仮想環境が現実の 作業 にリンク
実際には 存在する 環境で、その環境に アクセス 不可能または困難である場合、VR技術を利用した遠隔操作を行う。
②仮想環境が現実の 機能 にリンク
実際には 存在しない 環境であるが、その 機能 十分現実性 をもっている場合。

・ネットワークVR
ユーザが、 仮想空間 インタラクティブ に共有。
ユーザが、 仮想世界 に自分の 分身(アバター) を保有する。
アバターの活動を通じて、ユーザ同士が互いに コミュニケーション をはかる。

・仮想人間
将来、本物と 区別 できなほど精巧な人間の モデル が構成される可能性がある。

  • 現実世界の仮想性
演劇 芝居 歌舞伎 といったものが最たる例。
演者は、 現実世界 の人であるが、演じている 人物 人格 はそこに存在しない(フィクションの場合)。
毎日の営みは 現実 であるが、演劇やコンサートなどの 仮想性 が、生活に潤いを与えている場合もある。
このように、 現実世界 の中にも 仮想性 は、ある種必要なものになってきている。

リアル体験とバーチャル体験

  • リアル体験の重要性
実験 見学 、、 取材 旅行 といった活動が、リアル体験にあたる。
学習は、原則として 経験 により成立し、リアル体験は、この 経験 を重視したものであり、現実世界は、さまざまな 情報 を学習者に与えてくれる。

  • バーチャル経験の必要性
・リアル体験ができない場合
<1.実在するが、リアル体験が 不可能 または 困難}な場合>
①体験者に 危険性 がある
②周辺環境に がある
③多額の 費用 がかかる
道徳 常識 に反する
<2.対象が 現実 でなく、リアル体験ができない場合>

・バーチャル経験のほうが効果的な場合
<1.現実が 複雑 で、そのままでは 構造 メカニズム がわからない場合>
⇒⇒対象部を 誇張 した モデル を構成し、シミュレート。
<2.現実における変化が、 速過ぎる 、または 遅過ぎる 場合>
⇒⇒時間の 経過 を操作し、シミュレート。
<3.肉眼での 観察 が不可能、または、 測定 する装置がない場合>
⇒⇒ 可視化技術 を利用してもよいが、モデル化やシミュレーションを行える。
<4. 条件 を変化させての観察をする場合や、 複雑 な実験で、 準備 に多くの時間を要する場合>
⇒⇒ コンピュータシミュレーション が効果的。

  • FVCTSに見られる「リアル体験」と「バーチャル体験」のリンケージ
練習者が実際に行う吸気行動と呼気行動が リアル体験 に当たる。
画面上の少年が画面に描かれた球体を動かすというのが バーチャル体験 に当たる。
7つの特徴量を抽出し、吸気から呼気に移るタイミング等の情報を知らせる機能があり、その変化をもとに 評価 する。
画面上の少年( バーチャル体験 )は、現実世界( リアル体験 )からのデータ(特徴量)をもとに行動し、その結果がアニメーションとして表示される。
さらに、視覚的な 仮想世界 からの情報は、 現実世界 にいる被験者の次の行動に影響を与える。
これこそが「リアル」と「バーチャル」の リンケージ である。