※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三章「アナログとディジタル」


デジタルとアナログの双対性

  • 表示方法
時計 が最たる例で、 数値表現 の方式を考える。
ここでのディジタル化は 数字化 をさす。
データを 数値化 すると、データの内容を 安定化 させることになる。

  • 処理方式
デジタルカメラ が最たる例で、 情報加工 の方式を考える。
ここでのディジタル化は バイナリ化 をさす。


バイナリ化の特質

  • S-T授業表示法(STIRT)
授業過程を 教師 Tの行動と 生徒 Sの行動に分けて分析。
時系列 での変化を授業パターンとして表現し、授業を 反省 改善 する手法に。
S-Tは便宜上で、S= notT であり、「Tか」-「Tでないか」に着目している。

  • 二値応答接近法(BRAM)
与えられたテーマについて、学習者自らが連想した語句を表出。これたの語句に対し、 二つ のグループに分類する 質問 を考え出す。
学習者間での意見交換⇒ 視点 を決めることの重要性、 異なる 視点をもつことを経験することにつながる。
また、 他者 の発想する視点を知る機会に。
テーマ設定 意図 の吟味が重要。