※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


みかは女性に口を押さえられた。
「騒ぐんじゃあ、ないよ?」
低い声がみかの耳元でささやかれる。
「騒いだら、あんたのお腹がスリムになるからね」
女性はポケットからナイフを取り出し、みかのお腹をつついた。
「んんっ……!」
小さく悲鳴を上げる。
女性は、みかを移動させようとする。
「さ、奥に行こうか? 黙って……下手な真似したら、お腹と背中がくっついちゃうよ?」
今度は背中を、指でなぞる。
「ひいぃぃっ……わ、わかりましたよぅ……」
みかは情けない声をだした。

場所は移動して、通路にみかは座った。
「抵抗するんじゃないよ」
「は、はいっ!」
「声を出すな!」
「はいっ!」
あまりの恐怖に、なんにでも返事をしてしまう。
女性は呆れた風にため息をつき、みかの手を後ろに回した。
「んっ」少し痛い。軽く涙が出てきた。
女性は手馴れた感じで、みかを後ろ手に縛り上げた。
恐怖で思考がいっぱいになったとき、首筋に指が触れた。
「あ、あの……」
「黙ってな」
今度は右手で、みかの胸を揉みだす。
「あっ、やめ、ちょっ」
(まさかこの人……そっち系の人!?)
「あんた……サイズは?」
「はい?」
いきなりの質問に、また変な声が出た。
「サイズだよ! 胸のサイズ!!」
「え、Fですぅ」

女性の動きが止まった。
だんだん表情が憎悪のそれに変わり、そして……。

「い、痛い痛いっ!!」
この胸を中心に、身体を本格的に縛られてしまう。
胸は搾り出すように縄をかけられ、手を縛る縄と繋がれてしまい、身動きがとれなくなる。上半身に自由はなくなった。

「!!」

再び、女性の動きが止まった。
恐る恐る声をかける。
「あ、あの……」
聞こえていないようだ。しかし、直後。
「あんた……あたしをおちょくってるのかい!?」
「ふ、ふえええぇぇぇぇっっ!?」

理不尽な怒りをぶつけられて戸惑うみかに、声が聞こえた。

「イラッシャイマセー♪」

誰か店に入ったようだ。