※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

──あたしは、笑顔でレジに立っている。
──愛想笑いなんて、世界で一番似合わないと思っているあたしが、だ。

──ああ、誰か、助けて。



コトの始まりは、今から大体二時間前、深夜零時まで遡る。
あたしは、一軒のコンビニを狙っていた。強盗をする為である。
そこは深夜になると、女子大生かそこらの女店員がひとりと、店長らしき爺さんがひとりで店番をしていた。そして、駅からも程よく離れているので、客足も多くない。

今夜は小雨で、客足はさらに減っているはず。

チャンスだ。
あたしはそう思った。

「いらっしゃいませぇー」
店員の声があたしを出迎える。今からあたしに襲われるとも知らずに、のん気なヤツだ。
あたしは店内を歩きながら、状況を確認する。店の片隅にある監視カメラは、おそらくダミーだろう。最近秋葉原で似たようなのを見た。それに、たとえ本物であっても、あたしは逃げ切る自信があった。
カゴの中に荷造り用の紐と、ハンカチ、ガムテープをそれぞれ二つずつ入れる。そしてレジに持っていく。

「いらっしゃいませ。こちらでよろしいですか?」店員が言う。
「はい。あの、いつもいるお爺さんは……?」
「店長は昨日から体調を崩しちゃって、お休みなんです」
これまたチャンス。運命の女神はあたしに味方しているに違いない。
「そう。それはそれは……好都合」
「はいー。……え?」
店員がハッと顔を上げたとき、あたしはレジカウンターを飛び越えていた。