ちーぷ@Wiki

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2008-01-19 16:53:05 (Sat)   -

Serializableを実装したクラスは、直列化が出来るようになる。

①VM1でクラスaaのインスタンスを生成
 直列化(バイトコード化)してその値をDBへ保存
②VM2でDBから①のバイトコードを取得
 インスタンスとして復元

のような事を行う際に
VM2側にもクラスaaがあった場合
それがVM1のクラスaaと同じクラスであるとは限らないため
②でVM2はクラスの解決を行う。

その確認に使われるのがserialVersionUIDの値。

みたいな事らしい。

eclipse3.x(?)では
クラスのアノテーションとして
@SuppressWarningsに"serial"を指定してあげれば
そのクラスではserialVersionUIDに関する警告は出なくなるそうです。

オプション設定で一律無視するようにも設定できるようです。

名前:
コメント:
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|