ちーぷ@Wiki


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2009-06-06 00:24:44 (Sat)   -


画像もない長文になってしまったので
最後まで読んでもらえる率は非常に低そうですが
それっぽく
ゲームのレビューです。

  • 主なゲームモードは2つ
やはり(スピンオフとはいえ)有名タイトルの最新作ということで
かなり頻繁にテレビCMをうっているようなので
あのCMを目にした人はたくさんいるのではないだろうか。

テレビCM中ではまず4人の男女がニンテンドーDSliteを持ちより
FFCCを協力プレイで楽しんでいる場面が描かれている。
そしてCMが終わる直前に
女性が一人でゲームを楽しんでいる姿が描かれ
「一人でも楽しい」というスーパーがテレビ画面上に表示される。

このCMからも明白だが
今回のFFCCには一人でストーリーを追いながらゲームを進める
「シングルプレイ」モードと
数人での協力プレイを前提にした
「マルチプレイ」モードがある。
その他にオマケとして
自分がデザインしたモーグリを
wi-fiを使ったネットワークを介し友達と交換できるようなものもある。

  • あれ…思ってたのと違う…「シングルプレイ」
最近スクエニから発売されたDSでの有名タイトルのスピンオフ作品は
どれも評判がよくなかった。
聖剣伝説やFF12などがパッと思い浮かぶ人も少なくないだろう。
これらの傾向からして
今回のタイトルには過度な期待はよせないようにあらかじめ注意していた。
が、思っていたより全然いいのである。
特別新しいシステムや要素こそ無いものの
ゲームとして非常に安定して楽しめる。
ストーリーやその他のインターフェースにも特に不満な点は無く
とてもさわやかな印象のいいゲームだと言える。
「シングルプレイ」のストーリーやゲームの進み方など
雰囲気は旧来の聖剣伝説に非常に近いものがあると感じた。
街中のなんてことないNPC達との会話に
なんともいえないブラックユーモアが含まされていたりする点
とても近いものを感じた。
主軸となるストーリーも、変にひねってあったり複線がはってあったりせず
王道的な流れで
最初から最後までとてもスッキリ楽しむことが出来る。

  • 「シングルプレイ」の不満
「シングルプレイ」では最終的に4人のパーティーでゲームを進めていくことになる。
画面上には4人キャラクターが表示され
操作するキャラクターを切り替えながらダンジョンを攻略していく流れだ。
しかし残念なことに
現在自分が操作している以外の残り3人のキャラクター達は非常に頭の悪いCPU動作をとる。
目の前に敵がいても反応が鈍く
やられっぱなしであったり
ダメージを受ける床に平気で突っ込んでいったりしてくれる。
操作キャラへのサポートで回復魔法やアイテムを使ってくれるなどということはマズありえない。
しかし
その状態をあらかじめ想定した上でゲームバランスが整えてあるのか
攻略していく上で特別ストレスにはならないと思う。
…仲間がしょっちゅう死ぬのでイライラすることも多いが…。

  • ひとりでもあそべる!「マルチプレイ」
仲間キャラのあまりのとろさやダンジョン内のギミックにうんざりしてしまう人には
「マルチプレイ」がおすすめだ。
その名前のとおりDSの通信機能を使い
友達と複数人で協力プレイ出来るモードとなっているが
ひとりで遊ぶこともできる。
「シングルプレイ」と違い
ストーリーや操作キャラ以外の仲間キャラは登場しないので
その分純粋にダンジョンの攻略や敵との戦闘を楽しむことが出来るようになっている。
「シングルプレイ」よりも敵キャラクターが強めになっているので
その分戦闘を楽しむことが出来るのではないだろうか。

  • みんなで!「マルチプレイ」
FFCC最大のうりが複数人での通信協力プレイ「マルチプレイ」だ。
これでwi-fiでのインターネット通信を使った協力プレイが遊べれば最高だったのだが
残念ながら今回のソフトにはその機能はない。
あくまでもDS本体の通信機能をつかった協力プレイのみだ。
残念ながら周りに同じソフトを持った知り合いがいないので
未だ「マルチプレイ」未体験なのだが
最近のように他に手軽に使える通信媒体があれば
仲間を集めて遊ぶこともそう難しくないのではなだろうか。
今度mixiのコミュニティなどから適当なプチオフ会に参加してみたいと思う。

「シングルプレイ」のエンディングで
ちょっぴり泣いたの、みんなにはナイショだよ


| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|