|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

筋違い角と相振り飛車―ライバルに勝つマル秘作戦 木屋太二 著

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※24で六級~三段。
  本書では、①筋違い角居飛車「16角型」、②相振り飛車「中原囲い」などを紹介。たぶん前代未聞の珍戦法だと思います。他の棋書に紹介されているのは見たことありません。そのわりに、1番勝負ではけっこう成功しそう。自分の土俵に引きずり込んで勝負したい方にオススメです。
 第一章・・・筋違い角(16角型の居飛車、向かい飛車、四間飛車)第二章・・・相振り飛車(中原囲いで対四間飛車、三間飛車)

?①