|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

寄せが見える本 森ケイ二 著

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 伝説のNHK将棋講座「やさしい必死のかけ方と詰まし方」が、25年の時を経てついに復刻!
 実戦によく出るパターンが繰り返し紹介されているので、自然に寄せの手筋を覚えられます。解説も丁寧。
 この本を読んだ直後に道場で8連勝!連日昇級!本当に寄せがみえてくるんです。
 初級~中級へのステップアップにぴったり。段位者の大事な大会前のトレーニングにも最適!


<こちらもオススメ>


・ 「谷川流寄せの法則 基礎編」(谷川浩二著、日本将棋連盟)

 → 「持ち駒になにがあれば詰み?」(12問)が練習問題としてグット!他も読み応えあり。


・ 「ザ・必至 これが終盤の定跡だ」(金子タカシ著、毎日コミュニケーションズ)

 → 隠れた好著。コンパクトな文庫本に粒揃いの良問が100問。


BY まーママ⑥
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861370027/qid=1149695325/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-0017777-2218666