※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朋也&渚

遅すぎる自己紹介。二人だけは出会いの中に居た。

HP2 AP2 DP3  維持コスト、2ターンでN1
種族、生徒・タッグ

自分フィールド上若しくは手札から「岡崎 朋也」と「古河 渚」をセメタリーに送った時のみ召喚できる。
ノードを4つ使用する事で自分フィールド上のキャラクター又は自分LPを2追加する。
このカードがセメタリーに送られた時、このカードの召喚に使ったカードを一枚手札に加える事が出来る。

出典 CLANNAD

更新者 鴉乃

XYZ初のタッグを含んだカード。
岡崎 朋也古河 渚のタッグである。
召喚条件こそ厳しい物の召喚に成功した時の利便さは厳しさに見合ったものだろう。
コストにもノードを使用するが、そんなに高い物では無いので効果の障害にはならないだろう。
効果は行動数として数えない上に回数の指定も無いのでノードさえあれば何度でも回復が可能。
レミリア・スカーレットと並べて「紅色の幻想郷」を発動してあるならばレミリアを回復してLP4つに変換する事も出来る。

セメタリーに送られた時には岡崎か渚か迷うところだが特に他のタッグを入れていないなら渚を手札に加えておこう。
タッグを多用して朋也を使いまわしたいならば無論そっちを。

朋也をタッグの材料として使用するカードの中では防御系のカード。
召喚さえできれば最高のサポートとして機能してくれるだろう。