「空間が……!?」

ふとみずかが漏らした言葉に久瀬が敏感に反応する。
空間操作能力に長けるみずかが感じた空間への異変……やはり何か重大な事が起こっている証拠なのか。
魔神との対決をメインにしながらも幾つかの厄介事との関わりを持っていた久瀬。
今回もその厄介事の一つという事だろうか。

「久瀬さん! この空間が別の空間と繋がったわ!」

その言葉に久瀬も空間への意識を強く向け、異変への理解を深めようとする。
久瀬にも空間操作能力があるため、ほんの僅かな変化ではないならば直ぐに分かる筈なのである。
……成程、確かに空間の持つ力が根底から増幅しているようだ。

「異世界……。つまり、向こうの住人も同じような異変を体感している可能性がある訳か」

「そういう事になるわね」

空間の狭間のような世界に触れた事こそある二人だが、完全な別空間は二人も初めてだ。
それだけに今回の異変に対しどのように動くのがベストな選択なのかというのも分からない。
そして動くにはあまりにも情報が少なすぎた。


「ふふふ……やっと異変に巻き込まれた人を見つけたわ」

突如、久瀬たちの目の前の空間に裂け目が現れ、そこから傘を持った人影が現れた。
特殊な登場シーンと怪しげな雰囲気漂うその彼女に久瀬は驚きを隠せなかった。

「あなたは一体誰なのだろうか?」

「私は八雲 紫。普段は幻想郷って世界に住んでるんだけど、この異変で飛ばされちゃってね。解決の協力者を探してるのよ」

彼女の言う、飛ばされたというのは恐らく空間の事であろう。
久瀬は幻想郷という場の存在は知らないのだが、既に空間結合を感じ取っているので疑心はまるでない。
逆に異変解決の手掛かりとなりそうな紫の登場に内心少し喜んでいたりもする。

「私は久瀬。あなたと同じく異変解決を目指している者だ」

「私は久瀬さんと旅をしてるみずか。私も異変解決には協力したいんだけど、これからどうしたら良いのかしら」

二人の自己紹介に紫は微笑を浮かべる。
協力者を得たことへの喜びという意味合いが強いのか、また全然別の意味合いなのか本人以外は分からない。

「まずは幻想郷の私の仲間にコンタクトを取りたいわね。それと、他の協力者を探すことかしら」

紫は既にこの異変は幾つもの世界が抱えた悩みだという事を悟っていた。
一つ二つ所ではなく数十もの世界同士の複合……協力者は多ければ多いほど良い訳だ。

「心得た。最初は幻想郷という世界を目指せば良いのだな」

新たな仲間の加入と解決への第一歩に満足感を覚えながら久瀬は長い旅への決意を強くした。
「徒歩で幻想郷まで辿り着くのは無謀ね。私の能力で境界が安定した所から飛びましょう」

紫の言葉に久瀬は頷いて見せた。
この状況下では紫の意見が何よりも重要なので反対するという選択肢は無かった。
反対した所でもう手詰まりを迎えるのだ。

世界を取り巻く雰囲気は元に戻らない所か徐々に違和を強くしていく。
新たな魔物の登場の前触れだろうか。
先ほど程度の魔物ならば何匹来ようが問題なく倒せるだろうが上限は不明だ。
一時現れた三階級魔神をも彷彿とさせるような雰囲気の事も考えると油断は出来ない。
最悪の場合は自分に負担をかけてまで秘技を発動する必要があるかもしれない。

「なるべく急ぎましょう。時間が経つにつれて空間が不安定になってるわ」

空間知識という面では恐らく久瀬やみずか以上に優れている紫も焦燥感を口にする。
今の彼女たち三人にとって、空間が完全に不安定になってしまうのほど厄介な事もそうはない。
確かに不安定な空間からでも飛べるといえば飛べるのだが、狭間に落ちるリスクも大きいのだ。
そうなると、三人全員の脱出までは相当な時間が掛かることになるだろう。

広大な荒野地帯で、どこも同じような景色が広がっているが確かにその場その場で空間の安定度は変わるのだろう。
時折立ち止まって何かを思慮する紫。移転への品定めだろう。
久瀬が思っていた以上に空間は不安定になっていたようで、なかなか安定した場所がない様子だ。

「思った以上に厄介ね。他の空間を伝って幻想郷を目指した方が早いかしら」

紫が呟くと、その場に空間の裂け目を発生させる。
今のセリフから察するに直接幻想郷に通じているわけではないのだろう。
空間にも移転のし易さがあり、紫は幻想郷よりも移転が容易な空間を選んだ。
そこから移転を繰り返して、最終的に幻想郷に向かおうという算段を持っているのだ。

「これから空間を移動するんだけど、暫く此処には戻ってこれないかもしれないわよ? それでも良い?」

「今更私が退く理由が無いでしょう。どこまででも付いて行きますよ」

要するに本当に本気で異変解決をする気があるのかを問われているのだろう。
勿論、久瀬は肯定の返事を返した。
世界を救おう等という偽善に満ち溢れた決意、言葉。
無論、人害となる魔神を退治しているような久瀬にはその感情は有った。
が、それも別の一つの感情に勝ってはいない。
久しぶりに現れた強敵、難敵の予感。
下級魔人を相手にし続けている久瀬にとって、そんな敵の出現は久瀬のどこかに歓びを与えていたのかもしれない。
言うまでもなく、不謹慎な事であるのは久瀬とて承知の上である。
が、優秀な退魔師として生まれてしまった彼の宿命であろうか、強敵に胸躍らせてしまうのは。

「それじゃ、私に着いてきて。どんな世界に飛ぶかは分からないけど、ここよりは空間が安定している筈だわ」

手に持つ傘をクルクルと回転させ、広げたまま虚空に向かって一振りする。
すると、記憶に新しい次元の裂け目が現れ、紫は振り向きもせずにその中に入る。
久瀬たちの覚悟は既に認識しているのだろう、成程、合図なんぞ送る必要も無いか。
久瀬は懐の刀を一瞬確認すると、ふと笑みを浮かべた。

「久瀬さん、刀はそれで良いの? 今回の敵は今までに無い位に厄介な気がするわよ?」

「ああ、救世英雄は完全ではない。幾ら名刀だろうが、完全でない刀を使うよりも弱くても安定した刀の方が良いだろう」

確かにこの黒幕の見えない現象には万全の状態で望みたい物だ。
が、現時点では残念ながら救世英雄は完成しているとはとても言えない。
この世界にあると言われている天下五銘剣の行方も知らず、となると武器に絶対の信頼は置けない。

「さて、行くか」

既に決している意を更に固めると、久瀬は空間の裂け目に飛び込んだのであった。


***

大地に降り立った瞬間、目に入ったのは辺りの様子を窺っている紫の姿。
周りに広がるは森、森、森。
パッと見て何ら変化の無い、恐らく空間の歪みを探っているのだろう。
少し遅れて現れたみずかの姿も確認すると、久瀬自身も空間の状況を探り始める。
先ほどの場所、とまでは行かないが御世辞にも安定した空間状況ではないと言える。
ここからの空間移転は久瀬にとっても得策ではないと理解できている。
問題は紫の空間の操作能力であるが、その辺りは久瀬にも情報不足で分からない所である。

「どうやら、この世界も空間が安定していないようね」

呟いたのはみずか。
どうやら空間操作に長けた三人組は誰もが真っ先に空間の様子を探っていた様子である。

「でも、もう一つ分かる事もあるかしら」

扇子をパシッと閉じ、紫が言いながら久瀬達に振り返る。
その言葉に、再び空間を探る久瀬だが、特に目立った変化は感じられない。
強いて言うならば空間の流れ……だろうか。
常に一定方向に流れる負の瘴気。
幾ら空間が不安定とは言えども、確かに異常といえば異常かもしれない。

「ふふふ、そうね。この空間の流れ……この空間を歪ませている者が居ると考えて間違いないわね」

要するに、言わんとする事は一つだ。
気づけば紫も愉快そうな表情を浮かべて、口元に当てた扇子の奥で笑みを浮かべている。
元来、戦闘といった行事が好きなグループのようだ。
紫や久瀬に至ってはその戦闘に愉快といった感情すら覚えている。
久瀬は長らく離れていた強敵との戦闘から、紫はその性格故にだろう。

「そいつさえ倒してしまえば、幻想郷という世界にも飛べるわけですか」

「どうやら……早速お出迎えみたいね」

顔色一つ変えずに……寧ろ扇子の奥の笑みをより強い物にしながら紫は傘を高速で振った。
一閃した傘の軌道上に現れる隙間の奥から放出される弾幕。
それが茂みに潜む陰に向けて飛び、そして刺さる。
聞こえたのは呻き声。
人間の物とは思えない、低く大地を揺るがすような重厚な響き。
痛みに暴走し、茂みから姿を現す。
……上半身は獣、一見して人型のようだが、身長は裕に2メートルを超えている。
見たところ、闇に心を支配された鬼の一種だろうか。
痛みに怒り狂った瞳からは、別に確かに悪に染まった色というものも見える。

「とりあえず、力だけは強そうだな」

言いながら刀を抜き、目の前に構えて見せる。
日光を反射して鋭く光るその刀身は、退魔の力を持った銀の輝き。
鬼とは力も素早さも人の域を圧倒的に超えている生物である。
が、この程度の敵も葬れないところで退魔師なんぞ名乗る資格も無く、今回の黒幕に立ち向かう事も出来ないだろう。

「力が強いだけじゃあ、何も出来ないわよ? 使い方次第で1の力が50にも勝る。
 そういえば、私の知り合いにも鬼がいるけど、貴方は彼女と同じ位楽しませてくれるのかしら?」

飄々とした紫。
扇子と傘とを両手に持ち、戦闘するという体勢には全く見えない。
が、その台詞からは堂々とした絶対的な自信が感じられる。

刹那、氷の塊が鬼の頭の右を掠めて飛んでゆく。
発射地点には右手を上げたみずかの姿が。

「外しちゃった……わね。次は当てるわよ!」


再び右手を上げた所を、鬼が反応し飛び掛かる。
大地が抉れる勢いで地面を蹴り、一直線……そう、例えるならば弾丸だ。
魔法が間に合わない。
相手が速すぎた。

「な……!?」

回避が間に合わない。
魔法も放てない。
鬼のような速度……まさに言葉通りに表現された速度である。
その鬼の右手が一閃、みずかの胴体を消し飛ばすというその一瞬は……やって来なかった。
現れたのはみずかを包む次元の裂け目。
ふと気が付いたとき、みずかは無傷で紫の背後へと移動していた。

「危なかったわね? 境界が間に合って良かったわ」

「予想以上の速度だな、流石は鬼、と言ったところか」

元来、鬼という生物に深い関わりのある久瀬は警戒心を強める。
これは雑魚と思って手を緩めている余裕なんかは無い様子である。
今の場面も紫が居らず久瀬とみずかの二人だけであったのならば、みずかを救出できたか怪しいところである。
時空を止めている時間が……あったかどうか。

「ふふふ、来るわよ? 準備は良いこと?」

再び紫が隙間から弾幕で応戦。
怯んでいる隙に準備を整えてしまえというサインであろう。
久瀬は刀をいつでも振り切れる体制を作り、みずかは警戒心から鬼から大きく距離を離す。
次のターゲットは紫。
先ほどからの弾幕に対する怒りだろうか、先ほどのみずかに向かったそれよりも速い体当たり。
いや、右手はしっかりと挙げている状態……振り下ろして叩き潰すつもりだろう。

「確かに速いわね、それでもやっぱり私の知ってる鬼とは比べ物にならない」

傘をクルクルと高速で回転させ、隙間から弾幕を大量に繰り出す。
だが、これは牽制。
弾幕で怯んだ一瞬を狙い、傘で鬼の腹部を薙ぎ払う。
その一撃に確かに顔を歪めた鬼を見て、紫は一旦距離を置く。
確かにダメージを与える事は出来るだろうが、殺傷能力を含んだ決定的な一撃を与えるのは難しい。
空間さえ安定していれば、確かにもっと強力な一撃も放てたかもしれないが、いかんせん状況が悪い。

「これで大分動きも鈍くなったかしらね? 後は久瀬さん? お願いできるかしら」

「はい、心得ました」

このメンバーで相手に止めを刺せるのは久瀬のみであろう。
刀の重みに任せてただ振り切るだけ……不要な力は逆効果だ。
刀の先端の通り道は水平に。
体勢を立て直して向かってくる鬼に自ら飛び込む。
神経を集中させろ。
衝突まで刹那、というところで横薙の右腕を掻い潜り刀を水平に振りぬく。
斬った感触は無いに等しかった……が、リーチを考えれば間違いなく成功だろう。

血糊が付着する事がなく、輝きを失わない銀の刀身。
それは決して刀の魔力という理由でも無い。
完璧に物を切ると、斬られた対象すら斬られた事に気づかないという。
今がその状況なのかもしれない。

「ふぅ……これは手荒い歓迎だな」

崩れ落ちている鬼を振り向きもせず、呟いてしまう。
確かに久瀬自身は全くの無傷だったかもしれない……が、この戦闘で得た感触は余裕とはかけ離れた物であった。
恐らく、このような戦いを続けていたらそのうち重要な被害を被ってしまうかもしれない。
今の鬼が雑兵だったとしたのならばその可能性は濃厚である。

「さてと、この世界に蹲っている根源でも潰してさっさと幻想郷に行きましょうか」

「幸い、空間を辿ればすぐに辿り着けるでしょう、幻想郷という世界もすぐです」

「ええ、幾つか戦いをする事になりそうだけど……まあこのメンバーなら大丈夫でしょ?」

今の戦闘を見る限りでは三人の戦力にはなんら問題が無い。
寧ろ紫のサポートもあり、とても充実したメンバーであるとすら言える。
なるほど、紫の自信ある発言にはなんら偽りも虚勢も無いという訳である。

空間に漂う負の正気は依然として弱まりもせず、ただ空間に流れを作り久瀬たちの元に届いている。
逆に言えば、それだけその者の負の力が強いという事でもある。
果たして、どれだけ被害を抑えて幻想郷に辿りつけるのだろうか。
敵の勢力はどんなものなのだろうか……。
不明な事だらけだが、今は進むしかないのだろう。
元々未知の事象に未知の冒険なのだから。