クラス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 クラスとは、探究者達の役割を指し示すものである。一般的に使われる職業といった意味合いとは大きく異なり、主にどのような技能を扱う事に秀でているかという事を指している。
 クラスには、メインクラスとサブクラスという区分がある。メインクラスとは主として扱う技能や役割自体を指す。パーティーの構成を考える上で、メインクラスがそれぞれ異なる四人でのパーティというのは最もバランスの取れた一般的な構成である。一つの指針として欲しい。
 それに対し、サブクラスとは、メインクラスの補助として持ち合わせている技能や役割であり、同じメインクラスでもサブクラスによって長所を伸ばすのか、短所を補うのかの違いでかなりキャラクターの性質は変わってくる。
 ただし、クラスとはあくまでも定義であり、技能を取る上での成長の方向性を縛るものではない。あくまでも、どのようなスキルを取り、どのようなキャラクターを作り上げていくかはプレイヤーに委ねられているという事は忘れないでいただきたい。


<ファイター>
 武器の扱いに長けたクラス。
白兵戦闘能力の適正は高いが、反面法術戦闘能力の適性は低め。
前衛として敵の攻撃を正面から受け止めるのには最も適したクラスだと言えるだろう。

<シーフ>
 様々な技術に長けたクラス。
主に戦闘外での活躍が多くなるが、戦闘時でも決して非力ではない。
前衛向けではあるがファイター程の適正はないので、状況やスキルに合わせて臨機応変に動くといいだろう。

<プリースト>
 法術の中でも、回復や補助が主となる法術[魔法]に長けたクラス。
ここぞという時の為に是非一人は欲しいクラスではあるが、反面活躍の場面は少なくなりがち。
後衛向けではあるが、メイジよりは耐久力があるのでスキル等の組み合わせで活躍の場は広がるだろう。

<メイジ>
 法術の中でも、攻撃や妨害が主となる法術[魔術]に長けたクラス。
法術戦闘能力の適性は非常に高いが、反面白兵戦闘能力の適性は低い。
その耐久力の低さから後衛以外では活躍するのが難しいが、最も高いダメージを出す事の出来るクラスでもある。