※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォーリア



特徴

彼らの敵と対立する際、ネバレシアンが生存するために扱う戦闘技術は現在6種類が伝えられている。
これらを通称「正統なる六つ」というが、「ウォーリア」、「ブレーダー」、「ウィザード」の3クラスはネバレスエクソダス以前、即ちオーナブルエイジに確立された戦闘技術と言い伝えられている。
説によれば、それらの戦闘技術は当時コアテクノロジーが頂点に達したとき、およそ数十、数百にのぼる集団が技術を発展させていったものであり、現在に伝えられているのはネバレスエクソダス以後、生存者達の技術をもとに初代七賢者から伝えられた技術を融合、発展してきたものだという。

賢者の塔から伝えられた最古の「フォース」を受け継いだ者たちを「ウォーリア」と称している。
フォースの実在的発現より己の体を通じて純粋に力を鍛えるものであり、他の法の継承者とは違い、ある程度生まれつきの身体的条件を持っていなければならない。

彼らは技巧や速度ではなく強大な力を好むため、彼らの戦闘を見る人々は軽快さと強烈さを感じるという。
純粋に己の力を鍛えるため、扱うフォースは比較的単純であり、彼らの訓練においてフォースの理解力(知能)の比重はかなり低く設定されている。

熟練されたウォーリアはフォースを利用することにより潜在能力を最大まで発揮し、絶対的な攻撃力を持った戦士としての能力を持つことができるといわれている。
また、フォースの極みを得たものは、ウォーリアならではのアストラル武器を呼び出すことができるという。

コメント

名前:
コメント: