テンプレ

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここに挙げる物は、歴代のトラウマスレでよく話題になる作品たちです
スレでは既出もOKなんですが、長く居る人にとって「またかぁ」な既出物の話題は
他の話題に比べて、ノッてくる人が少なかったり、ウケがいまいちだったりします


  • パンを踏んだ娘
    NHKで放送された影絵風アニメーション
    元が「悪い事をすると罰せられる」寓意的な話で、罰の部分の描写
    (及びBGMの歌)が子供にインパクトを与えるほど怖く描かれている
    年1回は再放送されているので、途切れずにトラウマ持ちを生産中
  • にんじん大好き!
    1993年のなかよし別冊付録に収録された松本洋子作品
    にんじん嫌いの男の子が、思い切って食べたらとても美味しく感じ
    何でもにんじんに見えてきて、最後には自分のお母さんを食べてしまう食人グロ系
    男の子視点からリアル視点に切り替わった時の、腸をぶちまけて死んでいる
    お母さんの絵にトラウマを受けた人多し
  • 三丁目のタマ
    TVで放送されたアニメの39話「さまよえる首輪」、40話「デビル・ポチの伝説」
    戦時中、爆撃で亡くした飼い犬を探す女の子の幽霊と、その飼い犬の幽霊の話
    犬の幽霊がバイオハザードに出てくるゾンビ犬みたいにグロい
  • メトロポリタン美術館(ミュージアム)
    NHKみんなの歌で放送された。大貫妙子作詞作曲。バックは人形アニメーション
    閉館後、照明の落ちた美術館内と言うシチュエーション
    展示品のエジプトのミイラや、絵の中に閉じ込められる主人公に不気味さがある
    みんなの歌では「まっくら森の歌」も陰鬱な雰囲気で話題に上がる
  • バリゾーゴン(の宣伝ポスター)
    1994年渡邊文樹監督の映画
    「女教員は便槽の若い青年の腐乱死体を愛していた…」と言う煽り文句付きの、
    狐目の人達を描いたホラー漫画のような、映画の詳細不明なポスターが恐怖を与えた
    映画自体は原発に関するナニで、恐怖映画と勘違いした人から不評を買った
  • 風が吹くとき
    1986年、英国製アニメーション映画(同名の原作絵本もあるが、話が出るのは映画の方)
    核兵器が炸裂した後、マニュアルに従って生き延びようとする老夫婦の話
    ほのぼの系の絵で、放射線障害が進み、為す術も無く死にゆく夫婦を描いている
  • 恐怖心理学入門
    2000年3月28日フジ系放送の「学校の怪談春の呪いスペシャル」第一話
    (ビデオ・DVDは「学校の怪談呪いスペシャル」)主演:安藤政信
    講座の実験に参加した大学生の周りに、女の霊が出没するようになる
    精神的に追い詰められるが、これは彼を対象とした心理学実験だと告げられる
    彼を帰した後、講座一同が彼の部屋に仕掛けたビデオを鑑賞すると、
    逃げ出す被験者→退出する仕掛け人→誰も居なくなった部屋の押入れから女が…
    帰宅した主人公が放心した様子で窓から外を眺めていると、後から両手両足で
    抱きつかれ、部屋の中に引きずり込まれ、窓が閉り、雨戸が閉ってEND
    「なんだ、実験だったのか」と気を抜いた後の急展開でトラウマ
  • アサギの呪い
    恐怖心理学入門に同じ、「学校の怪談春の呪いスペシャル」の第二話
    女子高で転校生を怖がらせようと、二人組みが彼女を誘い封印された地下に入る
    夜になり帰ろうとするとドアが開かず、得体の知れない何かが…
    地下の小窓(外から見ると地上すれすれに開いている)から助けを呼んでるのに
    誰にも気付いて貰えなかったり、何かが何なのか不明のままだったり、
    全員あぼーんだったりでトラウマを受けた者多し

※学校の怪談春の呪いスペシャルでは、上記の2話ほどではないが、
第四話の「おぞけ」も話題に上がる

  • 鉄棒に絡みつく髪
    1996年東映製作のOVAアニメ(一部実写ドラマ)「学校の幽霊2」の第3話
    95年から始まった学校ホラーブームで、占い誌に投稿された実話・体験談を基に作られた
    長髪の女の子が、髪が絡まったまま鉄棒で回転を続けると言う、痛い描写がトラウマ
    45分に14話詰め込みなので1話1話が短かく、アッ!と言う間にたたみかけて来る
    2000年8月6日にTV放送され、5話15分のビデオ「学校の幽霊 寅の刻」にも収録されている
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|