F-○○○類


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

F- ○○○類




 UDC(Undefined Dangerous Crature)-F類。ルシング条約機構による分類で、近年出没している異形類の一種を指す。
 LDRSが発生源だと考えられているが、生態、発生原因等は一切不明。

 ただ、必ず金色の体毛に包まれた頭部を持つことと、また、人語を部分的に解し、異様に生存に執着することが判明している。

 非常に進化/突然変異が早く、現在までにすでに128種類もの異なる個体が確認されている。

種類の事例


 ・F-0117:2009年11月

  四足歩行。長い頸部の先端に、長い金の体毛に覆われた頭部を持つ。頭部からは、一対の触覚があり、その先端に眼球がある。頭部は常に粘膜に覆われている。尚、脳は頭部にではなく、亀に酷似した甲羅に覆われた胴体内部にある。脚は太く、長いものの、人間の四肢に酷似。頭部の上下に伸張可能な触手があり、上部は下部より大きい。また双方の先端には鋏があり、下部は人間の手足、上部は人間の胴体を切断可能。
  炎に対する強い耐性があることが確認されている。


 ・F-0125:2010年4月

  四足歩行。亀に酷似した甲羅に左右から挟まれている。茶碗と茶碗を合わせて縦向きにした様なイメージ。甲羅と甲羅の前方の継ぎ目から、長い金色の体毛に覆われた、頭部と思われる突起物が二本突き出ている。
  元々は二体のF-0117が合体したものだと思われるが、F-0117と違い、その合計八本の脚は節足動物に近い。下部脚四本は胴体から下へ向かって突き出し、太く、また分厚い甲殻に覆われ、専ら歩行に用いられる。上部四本は攻撃、捕食用。普段は胴体上部で折り畳まれているが、一度伸ばせば下部脚よりも長く、様々な生物の特徴を兼ね備えた先端部分を持つ。太さはおおよそ成人男性の胴回り程もあり、一度捕獲された場合、一般人が脱出することは難しい。
   F-0117同様、炎に対して強い耐性を持つ。その他にも耐性がある様だが、詳細は依然明らかでない。

   また、人語を解するという報告もある。


 ・F-0128:2010年5月

  多足歩行。直径5mの円盤から、無数の節足類系の脚が生えた様な形状。円盤部分の下部でも地上から2m程の高さがあり、見上げる様な巨躯。普通に見る分には見えないが、上から見下ろすと円盤の上部からF-0125と同じ、金色の体毛に包まれた突起が無数に生えているのが分かる。F-0125が二体のF-0117の合体によって構成されていたのに対し、F-0128は最低でも十体以上のF-0117が集合している様だ。
  当然、攻撃力、防御力、共にF-125を遥かに凌駕する。下部脚と上部脚が存在するのは同じだが、双方とも本数が増え、更に巨大化している。特に上部脚はバリエーションが倍増し、様々な生物に類似する機能を獲得している。装甲も、個人が運搬可能な火力では貫通不可能な域に近づいている。
  また、本種の最大の特徴として、非常時の分裂がある。極めて強力な攻撃に見舞われた時、F-0128は分裂することによって、被害を最低限に抑えようとする。分裂した後のF-0128の一つ一つは弱体化しているが、それでも一般の人間にとっては深刻な脅威となる。

  やはり、人語を解するという報告がある。