パスカル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 クラス   迷子 
 種族   魔族 
 性質   不幸 
 年齢   12 
 身長   132cm 
 二つ名   「第84期試験体番号045号」
 表示色   8,5,3 
 外見   薄茶髪茶目。ぼろぼろのローブに丸い帽子を被った、小柄な子供。 
 魔力量   15lt (通常時)
 備考   特になし 

  • 概要

 物心ついた時から、孤児院を兼ねた控臨教系の「ジャッリ修道院」で保護されてきた子供。最近、何者かが修道院を襲撃した折、その混乱から外に迷いでてしまった。現在は修道院の帰り道を探しているが、「黒羊」と名乗る異形の追撃を受け、帰れずにいる。その為、ここ数週間、サバイバル生活を強いられている。

 合理的な師父達に影響され、理詰めで考えることが多い。しかし、基本的には敬虔な控臨教徒として育てられたため、善良といえる性格をしている。また、他人に触れられるのを極端に嫌がる癖がある。その理由は、修道院において、自身が汚れた存在であり、触れた他者を汚してしまうと教えられたから。

 色々助けてくれた二十一には素直に感謝しているが、一方で、これまで教えられてきた考えを否定するような言葉をかけられ、困惑もしている。

 昔兄がいたが、数年前に、「悪魔」に殺された。

  • ネタばれ

 元々、人間ではなく、かつて世界を襲った「魔族」と呼ばれる生命体の末裔である。「魔族」は精神生命体であり、パスカルは少女の体に寄生している形になる。師父達が、「汚れる」と教えたのも故無き事ではなく、実際、パスカルが力の使い方を覚えれば、接触によって他者の体を乗っ取る事が可能になる。

 両親の内、父親は人間であり、母親が魔族だった。母親は人間として生きることを望み、現代まで生き残った数少ない魔族であり、父親と人間として結ばれた。しかし、ある出来事によって魔族としての正体が露見し、控臨教の聖堂騎士団により、浄化されてしまった。パスカルと、その兄も同じ道を辿る筈だったが、控臨教内部の有力者の意向により、サンプルとして活かされることになった。

 ジャッリ修道院も、元来、パスカルのような特異分子を囲う為の研究施設である。

 パスカルと兄は、本来ならそのまま実験体として、飼い殺しにされる筈であった。しかし、ジャッリ修道院の存在をしったバラムが殴り込みをかけた為、兄は脱出に成功した。現在パスカルを追跡している「黒羊」の正体は、パスカルは死んだと思っている、その兄である。


他キャラとの関係

  ラセマ                 - パスカルは知らないが、助命を嘆願してくれた。
  黒羊                  - 追跡してくる相手。おっかない。逃げたい。
  バラム                 - 兄を「殺した」悪魔。

  控臨教                 - 信者。

  二十一                 - 恩人。少し、どう接すればいいか分からない。

  ルル                  - 可哀想な人。
  モニカ                 - 食べ物をくれた人。いい人。
  シファ                 - 食べ物をくれた人。いい人。
  鳥籠                  - 食べ物をくれた人。いい人。聖人になるべき。
  ウィーズ                - 食べ物をくれた人。いい人。聖人になるべき。
  サリエル                - 食べ物を結構くれた人。凄くいい人。超聖人。

  サーラ                 - 会っただけ。

  贋作                  - 鳥籠さんを拉致した人。地獄におちるべき。
  シグリ                 - 猫さん。



 後、他、本当に色々あったと思うけれど、資料消滅につき割愛で。(…。)