竜族の詳細設定@ハム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

竜族の詳細設定@ハム




起源


 竜族の起源は、数千万年前にまで遡る。かつて、人類という種族が誕生する遥か前、とある侵略者達が世界に飛来したことがあった。

 飛来したその侵略者達は、徹底的に世界を貪ろうとした。彼らは世界の存在自体を切り取り、世界は滅亡の危機に貧した。世界は自らを守ろうとしたが、世界は直接現実に働きかける力はなかった。そこで世界は当時地上で繁栄していた種族に自身の力を注入し、侵略者達を排除させようとした。

 しかし、当時の生物達には、生きる為の知恵はあっても、「戦争」を行う知能や意思がなかった。その為に、いくら強化したところで彼らは侵略者達の敵ではなく、侵略者達は欲しいままに世界を侵略した。世界は、為す術もなく、そのまま滅びるように思われた。

 だが、最終的な滅亡に至る寸前、世界の悲鳴を聞いて、侵略者達とは別の世界から、新たな訪問者が現れた。その訪問者は世界に、遥か未来に誕生する筈の知的生物の心を召還し、その知恵と意思を残り少ない当時の生物達に埋め込むことを提案した。世界は半信半疑だったが、他に術もないので、訪問者の力を借りて、提案を実行した。

 そうして生まれたのが、竜である。

 生み出された最初期の竜達は、世界がある限り決して滅びない最強の肉体と、遥か未来の知的生物———つまりは、人類の心と意思を併せ持ち、果敢に侵略者達と戦った。彼らが勝たなければ、彼らが生まれるべき世界が失われると信じて。

 その後、紆余曲折の末、結果的に竜達は世界を防衛することに成功した。しかし、戦いの最中で世界は大きく傷つき、多くの生物達が絶滅した。そこで生き残った竜族達の多くは眠りにつき、世界に対してその命を返した。眠りにつかなかった竜達は、世界に対して負担をかけない為に天へと昇り、太陽光を吸収して、世界を見守り続けることにした。彼ら天に昇った竜族は、後に「天竜」と呼ばれることになる。

根源種の起源


 竜族の内、根源種は天竜の始祖と、大地に命を返した個体の転成体である。後者に関しては、悠久の時を得て、世界が力を取り戻したため、復活することが可能になった。彼らは、竜の産卵によってではなく、大地から自然に産出される卵から誕生する。
 天竜の始祖は数千万年間太陽光を吸収し続けた為、現在凄まじいまでの力を得ているが、転成体も最初期の竜族として、非常に強力な力を保有している。一般的に竜族は加齢と共に力を増すが、転成体は、その限りではない。

 根源種は、元々ソフトとして人間が組み込まれていることから、人間の姿をとることができる。むしろ、人間の姿が本来の姿とさえ言える。一部の高等竜族が人間の姿をとるのは、彼らの始祖たる根源種を真似てのことである。

高等種の起源


 高等種は、天竜の始祖や転成体達の子孫である。ただしこの場合、子孫というのは必ずしも交配の結果産まれたものではない。個体にもよるが、上位竜族の場合、特に意識せずとも生物を生み出してしまうことがあるからである。

 上記した通り、高等種の一部が人間の姿をとることがあるが、それは先祖たる根源種を真似た結果である。ただ、あくまで外見を真似しているだけなので、根源種から世代が経つ程メンタリティは人間から遠のいていく。

下等種の起源


 下等種は、高等種の末裔の他、大地に還った根源種の影響を受けて、動物が変化したもの等が起源である。前者に関しては加齢によって高等種に昇格することもあるが、後者に関しては本来の意味の竜とは違う種族であり、生涯を獣の様に送ることが多い。

おまけ


 尚、世界に入れ知恵をして、竜族を作り出した訪問者は、やっぱりというか、当然というか、アズベールである。この援助によってアズベールは世界に存在することが許され、また「獣名」のゲームが可能になった。「THE・黒幕」の名は伊達ではない。