スペクトル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 クラス    魔術師  
 種族   人間 
 性質   人外嫌い 
 年齢   18 
 身長   172cm 
 二つ名   「外道術師」「復讐者」
 表示色   2,3,1 
 出身地   ヘイム共和国 
 外見   かなり癖がある黒髪。白いシャツの上から大仰なコートを羽織り、露出している肌には包帯を巻いている。後、目が死んでいる。 
 魔力量   35lt 

  • 人となり

 魔術集団「流黒の民」に所属する魔術師。得意とする魔術は契約諸法の一つ、ラジエール式。ラジエール式はいわゆる「地獄」に住まう、「悪魔」の力を借りる術式であることから、スペクトルのスタイルは古典的な魔術師に近い。

 元々はヘイム共和国の出身で、わずか11歳の時、自ら「流黒の民」に参加した。その理由は、邪悪な力を得て、自殺した父親の仇に復讐する為。自殺した父親は元々優秀な警察官で、部隊を指揮する立場にあり、スペクトルも父のことを敬愛していた。しかし、ある作戦で、目標の中に想定していなかった強力な人外が混ざっていた為、部下を全員失う失態を犯してしまった。父親の自殺はその失敗の責任に耐えかねたからであり、その影響でスペクトルはあらゆる人外、特にスペックを笠に着て暴虐を欲しいままにする人外を憎悪している。

 その後、保有魔力量は少ないながらも、その暗い執念から魔術師として順調に成長。13歳の時には悪魔との契約の為に「地獄落ち」を敢行し、五年後、見事に生還を果たした。

 しかし、地上に帰った時には、「流黒の民」は根絶していた。流石にしばらくは途方にくれたが、仕方ないので、人外狩りを無差別に行っていた。その途中、偶然立ち寄ったバトの舞台で、軽く人外を縊り殺そうとしたところ、フルボッコにされた。そのダメージを癒す為に立ち寄ったかつての「流黒の民」の居留地、「石謐の野」で、生き残った「流黒の民」前頭領の子、ハルトに巡り会った。それ以来、残存した「流黒の民」の目的の達成の為、こそこそ暗躍している。

 人外は人外というだけで大嫌いだが、基本的に、普通の人間には好意的。

  • 戦闘スタイル

 動死体(ゾンビ)やら骸骨兵(スケルトン)を盾に、相手の弱みに付け込むタイプ。元々保有魔力量は少ない為、小細工や下準備、虚仮威しは欠かせない。ただし、契約した悪魔に「地上の珍しいモノを送る」ことを対価に力を貸してもらっているので、動死体や骸骨兵は比較的多めに作成できる。
 また、契約悪魔に、祝福とも枷とも言える「おまけ」をもらっている。具体的には、「おまけ」はスペクトルに埋め込まれた正真正銘の悪魔。埋め込まれた悪魔は、スペクトルが命の危機に見舞われると、自動的にスペクトル延命の為に行動する。代わりに、その悪魔が活動する度、スペクトルの体は浸食されていき、最終的に体を乗っ取られてしまう。埋め込まれた悪魔は具現化する際「手」の形をとるが、これはスペクトルの人外を縊り殺そうという意思と、悪魔の地上のモノを渇望する意思が反映された結果。

 ハムのキャラの中で、もっとも外道で鬼畜で、幸先悪い。

他キャラとの関係

 ハルト                 - 首領

 ヘイヴァヴフェ             - 同志(先輩)
 ベインブリッジ             - 同志(先輩)
 カップル                - 同志(先輩)
 黒羊                  - 同志(同格)
 アロケン                - 同志(先輩)

 バラム                 - 少し共感

 控臨教の人達              - 同胞の仇
 ヘイムの人達              - 同胞の仇
 LTOの人達              - 同胞の仇
 白亜の使徒               - 協定関係

 シュガー                - おっかねぇ。うざい。
 蒼天                  - 邪魔だけど、人間だから憎まない。

 二十一                 - 生け贄にしたい。
 キバ                  - 生け贄にしたい。
 コロナ                 - 生け贄にしたい。
 片目の女                - 弄くり回したあげく、生け贄にしたい。
 ルシェ                 - よく調べた後、生け贄にしたい。

 マーシェ                - 生け贄にしたい。


 他は資料消滅につき割愛で。(…。)