※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラミア & メロー



アトルガン皇国の錬金術が生み出した生体兵器「合成獣(キメラ)」の一種にして同国の暗部。
錬金術師が奏でる笛の音によって使役され、主に対外侵攻等に運用されていたが
聖皇バルラーンの治世に反乱を起こし、時のアトルガン皇太子らを殺害。
アラパゴ暗礁域に逃走すると、当地で人間の骸を集めて軍備を増強し、
アンデッド兵から成る「死者の軍団」を結成して魔笛紛争に参戦した。
蛇型の合成獣ラミアと、魚型の合成獣メローの二種類がおり、
共通語や高位の魔法を自在に操る優れた知性を見せる一方で、人肉を貪る等の蛮性も覗かせる。


カダーバの浮沼

アラパゴ暗礁域

ビシージ

ミッション・クエスト・BF・アサルト

世界観