menu

WS011SHの導入の記録


内蔵ソフトウェア

本体内蔵のソフトウェア

◎問題未解決



持ち越しソフトウェア

PPC2203SE(e830w)からそのまま持ち越してきたソフトウェア

◎問題なし













◎問題解決


◎問題未解決





新規ソフトウェア

新規導入のソフトウェア

◎問題なし


更新履歴

取得中です。

RDial

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

簡易ダイアルアップツール。
 ダウンロード先 ⇒ http://homepage2.nifty.com/qta/rdq/index.htm

Version 1.10[2002/08/29](PocketPC/PocketPC2002/PocketPC2003/HPC2000用)をそのままe830wから持ち込んだ。

問題

ダイアルはしてくれる。ログインもしてくれる。しかし、接続がおかしい(?)。
RDial自身は、ダイアル後、接続ができたかのような振る舞いをするが、タイトルバーの接続矢印マークは×印の付いたまま。 しかしアンテナ感度マークは[PT]になっている。
この状態でnPOPポケぎこUKTenkiは問題なくネットが利用できているが、PIEとOperaがダイアルアップしようとして原因不明のエラーを出し接続に失敗する。 どうやらPIEやOperaは接続がされていないものとして考えているらしい。
この状態になったときに、OS準拠の方法でダイアルアップをしようとしてもPIEなどと同様、接続に失敗する。切断もできない。(RDialやDisconnectで切断は可能)
ダイアルアップの不具合の詳細はぽけギコのページへ。
タイトルバーの接続アイコンも未接続になっているところをみると、OS側では接続していないものと考えているのかもしれないが、OSに付属のrnaapp.exeを使って「rnaapp.exe -e"センタ名称設定"」としてもRDialと同じ症状なので、OS側に何か問題がある気配もある。 もっともこのrnaapp.exeは既にPocketPC2002の時点で標準の接続には使われていないような古いプログラムなので互換性はないものなのかもしれない。

完全に置き換えはできないが、RDialのかわりにEasyDialを使うと、上記のような不具合は起きない。
  消極的解決 ⇒ EasyDial






.



以下余白 ・ 広告等
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|