※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

納札(千社札)

「湯前神社」 2008年5月撮影
湯前神社宮神輿保存会のお揃いの納札。
木版刷りと一点物の手書きの札ですが、出来にばらつきがあります。

納札は木札を打ちつけていた時代の名残で、
貼ると言わず、打つと言います。
額等には打たないのがしきたりです。

「誓欣院」 2008年5月撮影
正面の見える所に打つのを「見付け」といい、
軒裏等の打つのを「隠し貼り」といいます。

納札は水平・垂直に打ちます。
斜めに打つ事や、他者の札に重ねて打つ事はしきたりに反します。

温泉寺」 2008年5月撮影
納札は和紙に木版刷り、または墨で手書きのものが使われます。
シール式のものは千社札のデザインを真似た名前シールで千社札ではありません。

「今宮神社」 2007年10月撮影

「興亜観音」 2014年4月撮影



「和田八幡神社」 2014年5月撮影


納札(千社札)の製作
http://www10.atwiki.jp/atamiwg/pages/163.html


TOP

INDEX


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆