総裁・副総裁公選規程


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

総裁・副総裁公選規程 は、アルニーダ元老院が定めた規程。

本文

アルニーダ・カルタ第7条に基づく元老院による総裁・副総裁の選任は、全体投票を行い、その結果を元老院の意思とする。

候補者は、特別な場合を除いては、現職の総裁・副総裁を除く全ての元老として、アルニーダに所属する者全員にそれぞれ一票が分配されるものとする。

一回目の投票で過半数の票を得る者が現れなかった場合、上位ニ候補に絞って決選投票を行う。


平成二十一年十月二十二日 元老院可決

議事録

(1)~(3)の項目に分けて審議を行った。

(1)元老から選出とするか、誰でもなれることにするか

<結論>
元老から選出とする。

<理由>
  • 各部のまとめ役として元老院に出席したほうがよい
  • 新入候補の加入審査を行えるような人(アルニーダの全般的なことを把握している人)でないと務まらない

(2)全体投票にするべきかどうか

<結論>
全体投票にする。

<理由>
質問者・反対者なし。

(3)候補者要件をどうするか

<結論>
前回と同様、現職の総裁・副総裁以外の元老を自動的に候補者とする。

<理由>
(1)の結論から、元老から選ぶとなると、5人の中で立候補制にしても、立候補者がほとんど現れない可能性が高く、推薦人制も手間がかかるだけである。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。