副総裁


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

副総裁(Vice-President) は、アルニーダの役職の一つである。現在の副総裁はやまもる。

概要

副総裁は、総裁を補佐する役職である。アルニーダ党時代には副総裁を置かずに幹事長を置いていた期間もある。

アルニーダ党結成から2009年10月のアルタ改正までの間は、総裁と同等の権利を有していたが、現在は総裁の補佐及び臨時代行であり、ほとんど名誉職と見なされている。

これは、2009年10月までひび太と共にアルニーダを創始したRik以外の人物が副総裁を務めたことがなく(厳密には、総裁が巨匠であった時にのみひび太と共同で副総裁を務めていた)、創始者二名による拒否権行使によって意思決定のバランスを保つ意味があったのだが、Rikの辞任によってその必要がなくなったためである。

歴代の副総裁

アルニーダ党

  • 初代…ひび太、Rik
  • 第二代…Rik
  • 第三代…Rik

現体制下

  • 初代…Rik
  • 第二代…やまもる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。