革小同事件


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

革小同事件 は、2009年2月に発生した事件である。

その理由に関する資料は残されていないが、当時アルニーダ党内で総裁ひび太と対立していたコニチャンマンが離党、他の人物を引き入れて革命的小西主義コニチャンマン共闘派同盟(革小同)を結成、 反アルニーダ主義 を掲げ政権交代を目指してアルニーダ党と激しく対立。

革小同はアルニーダ党員をも大量に引き込み着実に成長していたが、アルニーダ帝国の発足と共に破壊された。

また、この際、革小同所属者は特別に国籍取得が認められた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。